カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入

インプレスR&Dの書籍一覧

0件
デザインエンジニアリングのすすめ アプリ開発を前進させる5つのプラクティス
ダウンロード: PDF EPUB
本書は株式会社グッドパッチのエンジニアによる合同誌です。
グッドパッチは「デザインの力を証明する」をミッションとしたUI/UXデザインに特化したデザインカンパニーです。これまでスタートアップのデザイン支援や大手企業における新規事業の立ち上げなど、様々なプロジェクトで戦略から開発までをお手伝いしてきました。社内には多様なバックグランドを持つエンジニア、デザイナーがいます。今回はその中からエンジニア有志が集い、技術やデザインについて何を思い、普段どのようなことに興味を持ち、ユーザー体験を向上させるためにどのようなことを考え、仕事に活かしているのかを1冊にまとめました。

【目次】
第1章 人々はなぜデザイナーとエンジニアをつなぐ架け橋に夢を見て、それでもなお夢であり続けるのか
第2章 エンジニアから始めるチームデザイン
第3章 テクニカルプロトタイプのすすめ〜日常の中で行う体験検証〜
第4章 UIKitで実装されているiOS AppにSwiftUIを導入する
第5章 Jetpack ComposeでModifier順序の影響を理解する
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
Apache Kafkaをはじめる
ダウンロード: PDF EPUB
本書では分散ストリーミングプラットフォームのKafkaについて初学者向けに解説しています。Kafka初学者の開発者でもKafkaの基本操作やKafkaアプリケーションの開発の最初の一歩を踏み出せるようになります。

【目次】
第1章 Kafka概要
第2章 Kafkaはじめの一歩
第3章 Producerアプリケーション
第4章 Consumerアプリケーション
第5章 トランザクションによる堅牢なアプリケーションの構築
第6章 Kafka Connectによるデータパイプライン
第7章 Kafka Streamsによるストリーム処理
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
Google CloudとGitHub ActionsでPull Request連動環境を作る本
ダウンロード: PDF EPUB
本書は、GitHub ActionsとGoogle Cloudを組み合わせて、PR(Pull Request)に連動した環境を作成してデプロイするための環境構築の解説書です。Cloud Storageへファイルをアップロードして展開したり、Cloud Runとコンテナを組み合わせて単一のコンテナをデプロイしたり、GKEも利用してActions内からKubernetesを操作してデプロイするなど、動的なリソースにも対応した環境を構築します。
あまり複雑になりすぎないように基本的な処理のみ利用しているので、GitHub ActionsやGoogle Cloudの利用入門にも最適な1冊となっています。

【目次】
第1章 Google Cloudの設定
第2章 GitHubとアプリケーションの設定
第3章 Cloud Storageと組み合わせる
第4章 Cloud Runと組み合わせる
第5章 Google Kubernetes Engineと組み合わせる
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
実践入門Word2Vec 自然言語処理活用ハンドブック
ダウンロード: PDF EPUB
自然言語処理の定番手法となっているWord2Vecを使ってみたい初心者やちょっと手の込んだことをしてみたい中級者向けに、Word2Vecのお役立ちTipsを詰め込みました。
最近はもっぱらBERTやGPTシリーズの登場によってWord2Vecは過去の技術という印象があるかもしれません。ですが今だからこそ知見も溜まっており、安定して使えるようになったとも言えます。
Word2Vecを使い倒すためのノウハウの1つ1つは、どこかの記事などでみたことがあるものかもしれませんが、これ1冊だけで役立つようになっています。使い倒しブックということで、理論的な点よりも、使い方に重点を置き、多くの実装例から結果を見ながら理解できます。

【目次】
第1章 Word2Vec とは
第2章 Word2VecのHello World
第3章 自分で学習させてみよう
第4章 検索システムを作ってみよう
第5章 さらなる使い倒しを目指して
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
詳解CoreAudio.framework macOSで実装する低レイヤーオーディオ出力
ダウンロード: PDF EPUB
「CoreAudio.framework」はmacOSのオーディオ処理用のフレームワークです。オーディオの再生、録音、ミックス、生成をおこないます。オーディオの再生、録音、ミックス、生成をおこなうこのフレームワークの中でも、本書ではデバイスやストリームというI/Oに直接関わる部分をおもに解説しています。

【目次】
第1章 AudioObjectの操作
第2章 オーディオの入出力
第3章 AudioObjectクラス
第4章 AudioSystemObjectクラス
第5章 AudioDeviceクラス
第6章 AudioStreamクラス

1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
エッジコンピューティングデータプラットフォームCouchbase Mobileファーストステップガイド
ダウンロード: PDF EPUB
Couchbase Mobileは、NoSQL組み込みデータベースCouchbase Lite、およびCouchbase ServerとCouchbase Liteとのデータ同期を担うSync Gatewayからなります。本書は、Couchbase Mobileに初めて接するエンジニアに向けて、その存在意義から、アーキテクチャー解説、アプリケーション開発での利用までを解説した入門書です。サンプルコード、環境構築手順、チュートリアルを掲載しています。

【目次】
第1章 なぜ、Couchbase Mobileなのか?
第2章 Couchbase Liteデータベース
第3章 Couchbase Liteクエリ
第4章 Couchbase Liteを使ってみる
第5章 Couchbase LiteクエリビルダーAPI
第6章 Couchbase Lite SQL++/N1QLクエリAPI
第7章 Couchbase Liteインデックス
第8章 Couchbase Lite全文検索
第9章 Couchbase Lite C言語サポート
第10章 Couchbase Liteロギング
第11章 Couchbase Liteツール
第12章 クロスプラットフォーム開発
第13章 Sync Gateway概要
第14章 Sync関数
第15章 Sync Gateway管理
第16章 Sync Gatewayセキュリティー
第17章 Sync Gatewayシステム設計
第18章 Sync Gatewayシステム連携
第19章 Sync Gateway運用
第20章 Sync Gatewayロギング
第21章 Couchbase Serverクライアントとの共存
第22章 Couchbase Liteレプリケーション
第23章 Couchbase Mobile内部機構
第24章 Couchbase Mobile競合解決
第25章 Couchbase Mobile設計パターン
第26章 Couchbase Mobile環境構築
第27章 Couchbase Mobileを体験する
第28章 開発の実践に向けて
付録A ピアツーピア同期
付録B 予測クエリ
付録C Couchbase Capella App Services
2,200円(税込)
PDF EPUB
0件
Operating System ManiaX あなたの知らないマイナーOSの世界
ダウンロード: PDF EPUB
QNX/SSS-PC/Jaluna-1・ChorusOS/OS9000/VSTa/MikeOS/AROS/Haiku/MINIX3/Redox/Oberon・Bluebottle/toaruOS/OSv/eComStation/PTOS/Syllable/SkyOS/Zeta……といった様々なOSについての情報を1冊にまとめました。Historical Unix、変わり種Linux、各種仮想環境関連や、超マイナーOSのレビューが盛りだくさんです。
【目次】
第1章 Not Amiga - AROS Research Operating System
第2章 Google第3のOS Fuchsia
第3章 GenodeフレームワークとSculpt OS
第4章 BeOS最後の末裔 Haiku
第5章 マクロカーネルの新しい実装HelenOS
第6章 ネットの海に消えたRTOS Jaluna-1/ChorusOS
第7章 商用RTOS LynxOS(試用版)
第8章 海外HobbyOSの雄 MikeOS
第9章 帰ってきたMINIX MINIX3
第10章 Amiga互換商用OS MorphOS
第11章 独自言語OberonOS BlueBottle
第12章 歴史ある組み込みRTOS OS9000/80386 DemoFloppy
第13章 クラウド超軽量OS OSv
第14章 紆余曲折の果てに復活 QNX6 Neutrino
第15章 Windowsのクローンを目指す独自OS ReactOS
第16章 Rustによる新しいOSの潮流 Redox
第17章 海外独自コミュニティーOS SerenityOS
第18章 国産汎用クラスタOS SSS-PC
第19章 電子の世界の第三神殿TempleOS
第20章 とあるマイナーOSのtoaruOS
第21章 QNXの落し子。VSTa
第22章 ゲーム機用Linux PS2 Linux
第23章 任天堂DSでもLinux DSLinux
第24章 マイニング専用Linux 「Miner」OS各種
第25章 CISCOのUnix系OS用エミュレーター CISCO IOU/IOL
第26章 Historical Unix色々
第27章 商用Unixの現在
第28章 マイナーOS パッケージ&メディアコレクション
第29章 変り種HWあれこれ
第30章 マイナーOS駆け足レビュー
3,300円(税込)
PDF EPUB
0件
XR Interaction ToolkitでサクッとはじめるVRアプリ開発
ダウンロード: PDF EPUB
本書はXR Interaction Toolkit を利用した Oculus Quest 向けアプリケーション制作を目的とした本です。VRゲームを作る上で必要になる基礎的な動作をUnityを操作しながら作成していきます。
VRアプリ作成に入門して、VR世界に飛び込もう!

【目次】
第1章 Unityの環境設定と最初のアプリケーション
第2章 コントローラー情報の受け取り
第3章 キャラクターの移動
第4章 オブジェクトの掴み方
第5章 UI操作
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
Vite+TypeScript+Babylon.jsでWebARをはじめる本
ダウンロード: PDF EPUB
Vite・TypeScript・Babylon.jsを使ってWebARをするところまでの道筋を解説した本です。
Viteを使ったノンフレームワークなTypeScriptプロジェクトの作成から始まり、最後にはAzureにデプロイするまでをたどっていきます。
Babylon.jsやWebARについての詳細よりも開発環境の構築にフォーカスした内容です。ビルドツールを使って一歩進んだ開発をしてみたいWebAR初学者にオススメしたい一冊です。

【目次】
第1章 環境構築
第2章 Babylon.jsの導入
第3章 シーンをWebARに対応させる
第4章 Hit Testを使って現実空間にオブジェクトを配置する
第5章 Azureにデプロイする
1,760円(税込)
PDF EPUB
0件
一冊でマスター!Swift Concurrency入門
ダウンロード: PDF EPUB
Swift 5.5からSwiftは並行処理を言語機能としてサポートするようになりました。それがSwift Concurrencyです。本書はその機能を解説しています。 async/awaitにより、非同期処理をクロージャーよりも完結に記述できます。データ競合を防ぐ新しい型としてActorやデータ競合が発生しない型を表すSendableが登場しました。並行処理の実行単位であるTaskもあります。Swift ConcurrencyはWWDC 2021の目玉機能といっても過言ではありません。
Swift Concurrencyの概要が一冊で日本語で理解できるのが本書の特徴です。Swift Concurrencyには覚えなければいけない概念が数多くあります。
async、await、Actor、MainActor、Task, TaskGroup、AsyncSequence、Sendableなどなど。本書は一冊でSwift Concurrencyの概要をほぼ全て網羅しています。各章にそれぞれサンプルコードが付属しているので、どんな動作をするのかを試して理解を深められます。

【目次】
第1章 async/await
第2章 Actor/データ競合を守る新しい型
第3章 AsyncSequence
第4章 Task
第5章 Sendable
第6章 既存のプロジェクトにSwift Concurrencyを導入
1,760円(税込)
PDF EPUB
書籍一覧を見る 戻る