目次

はじめに NEOの全体像と本書の役割について

Keymakersについて
免責事項
表記関係について
底本について

第1章 NEOとスマートコントラクトについて

1.1 グローバルアセットとしてのNEOとGas
1.2 NEOスマートコントラクトで実行可能な言語
1.3 NEOクライアントの種類について

第2章 NEOの開発ツールについて

2.1 neo-python
2.2 neo-local
2.3 neo-local-faucet
2.4 Docker

第3章 開発を進めるための準備とHello World

3.1 従来の環境構築方法
3.2 neo-localによる環境構築
3.3 チュートリアルの準備
3.4 walletの操作
3.5 スマートコントラクトを使ってHello Worldを表示させる
3.6 buildからinvokeまでの流れ

第4章 NEO上の独自トークン“NEP5”を自分で発行してみるには?

4.1 フォルダーのダウンロード
4.2 ファイルの修正
4.3 NEP5.pyのbuild
4.4 NEP5.avmのcontract import
4.5 コントラクトの初期化
4.6 NEP5のメソッドを使ってみる
4.7 neo-pythonの送信機能でNEP5を送受信する
4.8 NEP5のDoTransferメソッドでスマートコントラクトの理解を深めよう

第5章 ICOをしてみよう

5.1 準備
5.2 ICOコントラクトのbuild/import
5.3 ICOの準備・KYCの登録
5.4 ICOの開始
5.5 ICOトークンの送金

第6章 モバイル開発に最適なneon-jsとneoscan

6.1 neon-jsとは
6.2 neon-jsの構造
6.3 インストール
6.4 インポート
6.5 neoscan
6.6 neon-jsを使用したdAppsアプリケーションの構成

付録A 用語集

付録B トラブルシューティング

B.1 Docker pullができない
B.2 walletのインストールができない
B.3 neo-pythonがインストールできない
B.4 leveldbがインストールできない
B.5 プライベートネットで残高不足になってしまった
B.6 Chain database in Chains/privnet is for a different private network than the current container. と表示されプライベートネットに接続できない
B.7 TokenのTransfer時に"Could not create coin: Instance matching query does not exist"やSQL関連の問題が生じる

付録C NEOに関する便利なリンク集

C.1 NEO全般に関する情報
C.2 便利なツール
C.3 言語別開発ツール一覧

Keymakersメンバー募集と勉強会のお知らせ

はじめに NEOの全体像と本書の役割について

 ブロックチェーンプロジェクトであるNEOは、世界各地に拠点がありコミュニティーベースの運営が行われています。中国にはNEL1、アメリカをはじめとする英語圏ではCity Of Zion2と呼ばれるNEOのディベロッパーコミュニティーがあり、活発な議論と開発が進んでいます。しかしながら、日本国内におけるNEOの普及はそれほど進んでいないのが現状です。

 そこで、筆者が所属するKeymakersでは、国内でのNEOを利用した開発の足がかりとなれるように技術書を執筆しました3

 本書では、スマートエコノミーの実現を目指すブロックチェーンプロジェクトNEOに対する理解を深めると同時に、NEO上でのdApps(分散型アプリケーション)を構築する上で必要な環境構築、ならびに簡単なスマートコントラクトをPython言語で作成するための解説を掲載しています。そして、Webアプリやスマートフォンアプリでの開発に有望なneon-jsについても触れます。

 なお、本書は主にMacとLinuxユーザー向けに記述されているため、Windowsとはファイルパスの指定方法や細かい手順に違いが生じます。そのため、Windowsユーザーの場合はVirtualBoxなどの仮想化ソフトを利用して、Linux環境を構築しておくことを推奨します。

Keymakersについて

 Keymakersは、当初NEOブロックチェーンの日本技術者コミュニティーとして発足しました。現在では分野を問わず実践的な技術交流を通じて、ブロックチェーン技術への知識を深めるコミュニティーとして広く活動しています。NEOが映画マトリックスから由来しているように、Keymakersもマトリックス2に登場するキーメイカーという人物から命名しています。

 「次の時代を担うキーマンを創出する」これがKeymakersの理念です。

 ・公式ブログ

  ─https://keymakers.jp/

 ・Twitter

  ─https://twitter.com/KeymakersJP

 ・Discord

  ─https://discord.gg/u4sxXas

 ・Github

  ─https://github.com/keymakers

図1: Keymakers ロゴ

 それでは、実際にNEOのプラットフォームでの開発を進めていきましょう!

免責事項

 本書に記載された内容は、情報の提供のみを目的としています。したがって、本書を用いた開発、製作、運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。これらの情報による開発、製作、運用の結果について、著者はいかなる責任も負いません。

表記関係について

 本書に記載されている会社名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標、商品名です。会社名、製品名については、本文中では©、®、™マークなどは表示していません。

底本について

 本書籍は、技術系同人誌即売会「技術書典5」で頒布されたものを底本としています。

試し読みはここまでです。
この続きは、製品版でお楽しみください。