セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
かの子の記
0件
2,136円(税込)
獲得ポイント: 21pt
通常:
21pt

かの子の記

発売日 : 1996年10月1日
ISBN : 9784805002919
全文検索 : 非対応
※本書はEPUB(固定レイアウト型)で作成されております。検索機能や文字列のコピーがご利用できません。

大母性を秘めつつ、無垢の童女のように天衣無縫の愛を溢れさせたかの子。無二の理解者でプロデューサーだった一平の筆が切々と追慕する。
内容(「MARC」データベースより)
大母性を秘めつつ、無垢の童女のように天衣無縫の愛を溢れさせたかの子。無二の理解者でプロデューサーだった夫、一平の筆が切々と追慕する。1942年刊を現代かなづかい・常用漢字に改めた新装版。(「BOOK」データベースより)

目次

生命の娘かの子
妻を懐う
エゲリアとしてのかの子
花嫁かの子
かの子と観世音
きれいな人間
在りし日の妻かの子
執着
鰥の書
解脱
禁酒曖昧
息子の手紙
かの子の歌の想い出
かの子と和歌
律儀
妻かの子を憶う
誕生
さの字
あの頃の美校
亡き妻と共に生きつつ
浅草見物
お総菜
かの子の思い出帖
雑草
かの子の二度目のお盆
重荷とかの女
わが家の子供の育て方
市場通い
花鳥


(※本書は1983/4/1に発売し、2021/12/30に電子化をいたしました)

目次

生命の娘かの子
妻を懐う
エゲリアとしてのかの子
花嫁かの子
かの子と観世音
きれいな人間
在りし日の妻かの子
執   着
鰥 の 書
解   脱
禁酒曖昧
息子の手紙
かの子の歌の思い出
かの子と和歌
律   儀
妻かの子を憶う
誕   生
さ の 字
あの頃の美校
亡き妻と共に生きつつ
浅草見物
お 総 菜
かの子の思い出帖
雑   草
かの子の二度目のお盆
重荷とかの女
わが家の子供の育て方
市場通い
花   鳥

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする