カテゴリ一覧 著者一覧
e-Statと仲良くする本 API機能編
0件
1,100円(税込)
獲得ポイント: 11pt
通常:
11pt

e-Statと仲良くする本 API機能編

発売日: 2021年7月10日
想定ページ数: 76ページ
ダウンロード: PDF
突然ですが、みなさんオープンデータってご存じですか? その名の通り公開されているデータです。
では、オープンデータを触ったことはありますか? どこのオープンデータを使いましたか?
オープンデータと一口に言っても、企業が公開しているもの、有志団体が公開しているものと様々あります。
本書は日本政府が公開しているオープンデータを提供するサイトの一つ、e-Stat*1を知り、e-Stat からオープンデータを取得できるようになるための書籍です。
詳しくは本文で解説しますが、e-Stat は独立行政法人統計センターが運営しているサービスで内閣府や省庁が実施している統計調査の情報を取得できます。政府も利用している統計情報を使うことで、自分が住んでる自治体の税収の比率がどうなっているのかや、住民の年齢別の比率などが分析できるようになります。
本書では e-Stat からデータの取得する API 部分を中心に解説します。なお、取得したデータを分析用に可視化する部分は、次巻で執筆予定です。

【対象読者】
・オープンデータを使ってみたい方
・e-Stat が気になっている方
・Python が少しできる方
・データ集めに苦労をしている方

【目次】
第 1 章 e-Stat とは
1.1 e-Stat 概要
1.2 e-Stat の狙い
1.3 e-Stat の法的根拠
統計法(コラム)
1.4 オープンデータ
第 2 章 e-Stat の機能
2.1 統計データを探す
センサス(コラム)
2.2 統計ダッシュボード
2.3 統計 GIS・jSTAT MAP
2.4 主要データの可視化
第 3 章 e-Stat API 機能の基礎知識
3.1 API 機能とは
3.2 使う前の準備
3.3 注意事項
3.4 ドキュメント
3.5 提供されるデータ
3.6 API 機能テストフォーム
3.7 用語と単位
第 4 章 よく使う API 機能の使い方
4.1 共通事項
4.2 統計表情報取得
統計表 ID と政府統計コード(コラム)
4.3 メタデータ情報取得
4.4 統計データ取得
4.5 メタ情報と統計データ
第 5 章 さらに便利に API 機能の使い方
5.1 データセット登録
5.2 データセット参照
5.3 データカタログ情報取得
5.4 統計データ一括取得
あとがき
著者紹介・注意事項
著者紹介
サークル紹介
注意事項

目次

前書き

本書の対象読者
使用環境・バージョン
免責事項
サンプルプログラム
本書執筆の動機

第1章 e-Statとは

1.1 e-Stat概要
  • 1.1.1 e-Statの運営母体
  • 1.1.2 統計センターの業務
1.2 e-Statの狙い
1.3 e-Statの法的根拠
  • 統計法
1.4 オープンデータ
  • 1.4.1 定義
  • 1.4.2 定義とe-Statの役割

第2章 e-Statの機能

2.1 統計データを探す
  • 2.1.1 一覧から探す
  • センサス
  • 2.1.2 キーワードで探す
  • 2.1.3 分野から探す
  • 2.1.4 作成した組織から探す
2.2 統計ダッシュボード
  • 2.2.1 グラフで見る
  • 2.2.2 データで見る
  • 2.2.3 時系列表
2.3 統計GIS・jSTAT MAP
2.4 主要データの可視化

第3章 e-Stat API機能の基礎知識

3.1 API機能とは
  • 3.1.1 GETリクエスト
  • 3.1.2 データの形式
  • 3.1.3 ZIP圧縮
  • 3.1.4 バージョン
3.2 使う前の準備
  • 3.2.1 ユーザ登録
  • 3.2.2 アプリケーションIDの発行
3.3 注意事項
  • 3.3.1 クレジット表記
  • 3.3.2 アプリケーションIDを公開しない
3.4 ドキュメント
3.5 提供されるデータ
  • 3.5.1 APIで提供されているデータ
3.6 API機能テストフォーム
3.7 用語と単位

第4章 よく使うAPI機能の使い方

4.1 共通事項
  • 4.1.1 エンドポイント
  • 4.1.2 API一覧
  • 4.1.3 パラメータ
  • 4.1.4 レスポンス
4.2 統計表情報取得
  • 4.2.1 機能
  • 4.2.2 パラメータ
  • 4.2.3 戻り値
  • 4.2.4 呼び出し例
  • 統計表IDと政府統計コード
4.3 メタデータ情報取得
  • 4.3.1 機能
  • 4.3.2 パラメータ
  • 4.3.3 戻り値
  • 4.3.4 呼び出し例
4.4 統計データ取得
  • 4.4.1 機能
  • 4.4.2 パラメータ
  • 4.4.3 戻り値
  • 4.4.4 呼び出し例
4.5 メタ情報と統計データ
  • 4.5.1 縦持ちデータと横持ちデータ
  • 4.5.2 縦持ちのメリット
  • 4.5.3 具体的なデータ

第5章 さらに便利にAPI機能の使い方

5.1 データセット登録
  • 5.1.1 機能
  • 5.1.2 パラメータ
  • 5.1.3 戻り値
  • 5.1.4 呼び出し例
5.2 データセット参照
  • 5.2.1 機能
  • 5.2.2 パラメータ
  • 5.2.3 戻り値
  • 5.2.4 呼び出し例
5.3 データカタログ情報取得
  • 5.3.1 機能
  • 5.3.2 パラメータ
  • 5.3.3 戻り値
  • 5.3.4 呼び出し例
5.4 統計データ一括取得
  • 5.4.1 機能
  • 5.4.2 パラメータ
  • 5.4.3 戻り値
  • 5.4.4 呼び出し例

あとがき

著者書籍紹介

奥付

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする