カテゴリ一覧 著者一覧
手軽に使うDockerの本 コピって使える用途別コンテナカタログ
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

手軽に使うDockerの本 コピって使える用途別コンテナカタログ

発売日: 2022年6月17日
想定ページ数: 154ページ
ISBN: 9784295600961
ダウンロード: PDF EPUB
みなさん、Dockerコンテナを使っていますか?
使い始めるとDockerは便利なのですが、最初の1手に少し手間取ることも多いように思います。
本書はそれを解決するために、それぞれの用途で動く設定をまとめた1冊です。
実験用のサーバー・サービスが欲しいときや、コンテナ内開発など、Dockerコンテナをさぁ使おうとしたとき、ちょっと手間取ったらこの本を開くと解決するかもしれません。
Docker Desktopを使えない場合にはWSL2でDocker環境を構築する話も盛り込んでいます。
「仕組み」よりも「動かせる!」は第1歩に大切と考えていますので、まずは各コンテナを動かして遊んでみませんか?

【目次】
第1章 はじめに
第2章 Docker Desktopのセットアップ
第3章 WSL2環境にDockerをセットアップ
第4章 Windowsコンテナのセットアップ
第5章 Docker Composeの説明
第6章 サービスを提供するコンテナの紹介
第7章 開発環境としてのコンテナ
第8章 ビルド環境としてのコンテナ
第9章 コンテナの中からDocker

目次

第1章 はじめに
1.1 この本の内容
1.2 動作確認環境
1.3 サンプルコード
1.4 免責事項
1.5 表記関係について
第2章 Docker Desktopのセットアップ
2.1 Docker Desktop for Windowsのセットアップ
2.2 Docker Desktop for Macのセットアップ
2.3 動作の確認
2.4 ライセンスについて
第3章 WSL2環境にDockerをセットアップ
3.1 Docker CEのセットアップ
3.2 動作の確認
第4章 Windowsコンテナのセットアップ
4.1 Docker Desktopを利用している場合
4.2 Docker Desktopを利用していない場合
第5章 Docker Composeの説明
5.1 Composeファイル(docker-compose.yml)
5.2 各種コマンド
5.3 ライフサイクル
第6章 サービスを提供するコンテナの紹介
6.1 ファイアウォールの設定
6.2 Webサーバー : nginx
6.3 データベースサーバー : MySQL
6.4 コンテンツ管理システム : WordPress
6.5 プロジェクト管理ソフトウェア (Redmine)
6.6 ローカルのAmazon S3環境 : MinIO
6.7 リポジトリー管理システム : Gitea
6.8 CI/CD支援サーバー : Jenkins
6.9 ElasticsearchとKibana
6.10 PrometheusとGrafana
第7章 開発環境としてのコンテナ
7.1 Visual Studio Codeによるコンテナ内開発
7.2 Python Flaskを使った開発環境
7.3 Spring Bootを使った開発環境
7.4 Vue.jsを使った開発環境
7.5 Reactを使った開発環境
第8章 ビルド環境としてのコンテナ
8.1 MSBuild実行コンテナ
8.2 Unityによるアプリのビルドコンテナ
第9章 コンテナの中からDocker
9.1 Docker in Docker (DinD)
9.2 Docker out of Docker (DooD)
付録A Redmineプラグイン入門
A.1 プラグインの生成
A.2 モデルの生成
A.3 データベースへの操作
A.4 コントローラー・ビューの生成
A.5 ルーティングの追加
A.6 メニューへの追加
A.7 動作チェック
付録B macOS "を" コンテナで動かす
B.1 検証環境の準備
B.2 macOS用のコンテナを起動
B.3 コンテナ内のmacOSをセットアップ・起動
付録C Rancher Desktopの検証
C.1 Windowsへインストール
C.2 mac(Intel)へインストール
C.3 動作検証
あとがき
謝辞

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする