セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
ことばの切っ先―出会う人・出会うセリフ
0件
1,980円(税込)
獲得ポイント: 20pt
通常:
20pt

ことばの切っ先―出会う人・出会うセリフ

発売日 : 2015年7月1日
ISBN : 9784885462993
全文検索 : 非対応
芝居や音楽から響いてくる粋な“ことば”の数々。人気アナウンサー葛西聖司の名調子で現代によみがえる。
(※本書は2015/7/1に発売し、2022/4/13に電子化をいたしました)

目次

はじめに
1 男のセリフ
人目の関のやるせなや
せまじきものは、宮仕え
順逆、二門無し
こなたはむさとしたことを仰せらるる
しがねえ姿の横綱の土俵入りでござんす
短気は身を滅ぼす腹切り刀だ
箍がありやこそ桶でござります
なにがなんでも勝たねばならぬ
悲しむなかれわが友よ
2 きっぱりしたセリフ
わが日本の恥ぞかし
仇に思うな、コレ知盛
みずからが手を取って 緩怠至極
外という字の 色気がござんすか
おのれ、おめおめ添わそうか
まっ白な ままやヨウ
おじさまは不潔よ
オリンピックは参加することに
3 さまざまな恋
魂抜けて とぼとぼ うかうか
おもしろうて、哀れで、だてで、殊勝で、かわいい恋
道頓堀へ寄りゃんなや
知らなんだワイナァ
あなたには忠実なすみれをあげたかった
4 罪なセリフ
果ては命を衒らるる
これがわたしの顔かいなァ
鮒だ、鮒だ、鮒侍だ
在家の料理は好もしからず
ろくろのような首をして
別家に居候でございます
高野の奥の玉川の水
5 聞こえてくる声
わが子の声の聞こえ候
おゆかしいたよりを聞いた
残らず聞いておりました
大小 柱暦 綴暦
心の痛みもようやく癒えた
いかにいます父母 つつがなしやともがき
話をしたいのに言葉が見つからない
6 親の心 子の心
せがれが首切る刀とは五十年来知らざりし
明日の夜 誰か添乳せん
ととさまいのう
坂は照る照る 鈴鹿は曇る
降らねばよいがなあ
まだ世間に穢れていない、あいつだけは騙せねえ
7 名優 このひとこと
長い夜が明けたのう
おいやい、おいやい
よかった。来てよかった。
蔦には枯れろとおっしゃいましな
おもさげながんす
あんたちっとも幸せじゃないんだね
知っていなさったんかのし
存在してきたことは消せぬ
春子、ただいま無事に舞い納めました
おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする