カテゴリ一覧 著者一覧
実践入門 Kubernetesカスタムコントローラーへの道
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

実践入門 Kubernetesカスタムコントローラーへの道

発売日: 2020年2月28日
想定ページ数: 174ページ
ISBN: 9784844378549
ダウンロード: PDF EPUB
本書は、Kubernetesの拡張機能であるCustom Resource DefinitionとCustom Controllerを自作するための概要・方法を解説します。KubernetesのCustom Controllerを実装したいけれど、ツールの使い方や実装方法が分からないという方、Kubernetes自体の実装に興味がある方にもオススメいたします。本書の内容が理解できれば、Kubernetesの実装をある程度、自力で読み解くこともできるようになるでしょう。
【目次】
第1章 CRDとController
第2章 client-goと知っておくべき周辺知識
第3章 Sample Controller解説
第4章 controller-runtimeとcontroller-tools
第5章 KubebuilderでSample Controllerを実装しよう
第6章 OperatorSDKでSample Controllerを実装しよう
第7章 Custom Resourceの応用機能を実装しよう

目次

はじめに

この本の想定読者
本書の流れ
検証バージョン
サンプルコード
表記上の注意
免責事項
表記関係について
底本について

第1章 CRDとController

1.1 Kubernetesのハイレベルアーキテクチャ
1.2 Kubernetesの拡張機能
1.3 CRDとCR
1.4 CRD・CRを作ってみよう
1.5 CRDの応用機能
1.6 ControllerとCRDを自作するために必要なもの
1.7 第一章のまとめ

第2章 client-goと知っておくべき周辺知識

2.1 Kind、Resource、Object
2.2 client-goとapimachinery
2.3 client-goでPodの情報を取得してみる
2.4 知っておくべき周辺知識
2.5 Informer
2.6 Workqueue
2.7 runtime.Object
2.8 Scheme
2.9 第二章のまとめ

第3章 Sample Controller解説

3.1 Sample Controllerは何をするためのものか?
3.2 Sample Controllerディレクトリー構成
3.3 Sample ControllerのCRD
3.4 types.go
3.5 main関数
3.6 Foo Controller
3.7 Controllerの定義
3.8 メインロジック(Reconcile)
3.9 processNextWorkItem関数
3.10 syncHandler関数
3.11 第三章のまとめ

第4章 controller-runtimeとcontroller-tools

4.1 controller-tools
4.2 controller-runtime
4.3 第四章のまとめ

第5章 KubebuilderでSample Controllerを実装しよう

5.1 環境構築
5.2 Kubebuilderでの開発の順番
5.3 1. Kuberbuilder PROJECTの初期化
5.4 2. Kuberbuilderで、API ObjectとControllerのテンプレートを作成
5.5 3. types.goを編集して、API Objectを定義
5.6 4. controller.goを編集して、Reconcileを実装
5.7 5. main.goを編集して、main関数を修正
5.8 6. 実行フェーズとして、Operatorを実際に動かす
5.9 第五章のまとめ

第6章 OperatorSDKでSample Controllerを実装しよう

6.1 環境構築
6.2 Operator SDKでの開発の順番
6.3 1. Operator SDKで、Operator用のディレクトリーの初期化
6.4 2. Operator SDKで、API Objectのテンプレートを作成
6.5 3. Operator SDKで、Controllerのテンプレートを作成
6.6 4. types.goを編集して、API Objectを定義
6.7 5. controller.goを編集して、Reconcileを実装
6.8 6. 実行フェーズとして、Operatorを実際に動かす
6.9 第六章のまとめ

第7章 Custom Resourceの応用機能を実装しよう

7.1 Admission Webhook
7.2 Conversion Webhook
7.3 第七章のまとめ

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする