カテゴリ一覧 著者一覧
Qt5/Qt6入門 C++編
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

Qt5/Qt6入門 C++編

発売日: 2022年1月28日
想定ページ数: 218ページ
ISBN: 9784295600374
ダウンロード: PDF EPUB
本書はクロスプラットフォームの開発フレームワーク「Qt」について、Qt5とQt6の両方に対応した入門書です。インストールから始め、C++でコードを書き、画面はQt Widgetsベースのアプリについて解説します。Qt6から使用できるようになったCMakeにも対応しています。Qt6の新機能Qt Concurrent TaskやQt Concurrent Promise Modeも紹介します。
【目次】
第1章 Qtの概要
第2章 開発環境の構築
第3章 HelloWorldで基本を学ぼう
第4章 Qt Creator
第5章 QObject
第6章 データの扱い方
第7章 コンテナ
第8章 uiファイルを使用する
第9章 ウィジェットの見た目を変更する
第10章 デバッグログ
第11章 ビルドシステム
第12章 トップレベルウィジェット
第13章 シグナル・スロットを使いこなす
第14章 マルチスレッドの基礎

目次

はじめに
本書のサンプルコード
サンプルの表記方法
注意
商標について
謝辞
動作環境
第1章 Qtの概要
1.1 Qtとは
1.2 QtのリリースVersion
1.3 Qtで作成できるもの
1.4 サポート最小C++ Version
1.5 次章からの記述ルール
第2章 開発環境の構築
2.1 Qtアカウント
2.2 インストール
第3章 HelloWorldで基本を学ぼう
3.1 CUIアプリでHelloWorld
3.2 GUIアプリでHelloWorld
3.3 オブジェクト管理について考える
3.4 トップレベルウィジェット
第4章 Qt Creator
4.1 画面説明
4.2 ファイルやクラスの追加(CMake限定)
4.3 ビルド
4.4 エディターの操作
4.5 リファクタリング
4.6 ショートカットキー
4.7 ヘルプを活用する
第5章 QObject
5.1 QObjectの作成方法
5.2 メモリー管理
5.3 シグナル・スロット
5.4 メタオブジェクトシステム
5.5 ビルド時の注意
5.6 ソースコード上のシグナル・スロットの定義方法
5.7 Qtに用意されているクラスのシグナルに接続する
5.8 独自にシグナルを定義する
5.9 シグナルとスロットの引数
5.10 プロパティーシステム
第6章 データの扱い方
6.1 STLとの関係
6.2 d-pointer
6.3 オブジェクト型のクラスと値型のクラス
6.4 Implicit Sharing
6.5 QVariant
第7章 コンテナ
7.1 順序付きコンテナ
7.2 連想コンテナ
第8章 uiファイルを使用する
8.1 プロジェクトウィザードで作成する
8.2 プロパティーエディターにおける初期値
8.3 uiファイル付きのウィジェット
8.4 シグナル・スロット接続
8.5 Designer上でシグナル・スロット接続
8.6 自作派生ウィジェットを使用する
第9章 ウィジェットの見た目を変更する
9.1 レイアウト
9.2 スタイル
第10章 デバッグログ
10.1 QString文字列の引用符を消したい
10.2 クラス名を表示したい
10.3 デバッグレベルを区別する
10.4 リリースビルド時のログレベルをカスタマイズする
第11章 ビルドシステム
11.1 Qtのビルド構成
11.2 qmake
11.3 CMake
11.4 Qt5 Core互換性APIを使用する
第12章 トップレベルウィジェット
12.1 QDialog
12.2 QMainWindow
12.3 最初からQMainWindowを登場させないワケ
第13章 シグナル・スロットを使いこなす
13.1 connect()関数の引数「Qt::ConnectionType」の意味
13.2 connect()関数のバリエーション
13.3 disconnect()関数の使い方
13.4 シグナル・スロットの特徴
13.5 デザインパターン的なものを考える
第14章 マルチスレッドの基礎
14.1 スレッドの処理パターン
14.2 Qtのマルチスレッド技術
14.3 QThread
14.4 QThreadPoolとQRunnable
14.5 Qt Concurrent
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする