カテゴリ一覧 著者一覧
for Startups Tech Book Vol.1 スモールチームで開発するためのプラクティス
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

for Startups Tech Book Vol.1 スモールチームで開発するためのプラクティス

発売日: 2021年6月25日
想定ページ数: 82ページ
ISBN: 9784844379621
ダウンロード: PDF EPUB
本書は、スモールチームで開発する読者の方や社内向けのプロダクトを作っている企業向けに役立つ技術や開発の進め方について解説します。具体的な技術としては、AWS CDKを利用したInfrastructure as Codeの実践の事例や、サーバーレスを中心とした短時間で効率よく開発するためのtipsを紹介します。また開発手法については、社内向けプロダクト開発をする際の苦労や気をつけるべきことについての考察、認定スクラムマスターによるアジャイル開発/スクラム開発の進め方について紹介します。

【目次】
第1章 Terraformに疲れたのでAWS CDKを使っていきたい話
第2章 Serverless Frameworkを用いたサーバーレスアプリケーションの構築
第3章 社内プロダクト開発の特徴を考える
第4章 挫折した人向け ふりかえり再入門
第5章 ゼロから開発組織を立ち上げて学んだこと

目次

まえがき

第1章 Terraformに疲れたのでAWS CDKを使っていきたい話

1.1 Terraformのツラミ
1.2 AWS CDKとは
1.3 まずはひとつリソースを定義してみる
1.4 リソース定義の手順を確認する
1.5 スタックを削除する
1.6 FargateなECSクラスタを立てる
1.7 CI/CDパイプラインを作る
1.8 CDK Pipeline
1.9 小ネタ
1.10 まとめ

第2章 Serverless Frameworkを用いたサーバーレスアプリケーションの構築

2.1 過去のサーバーレスアプリケーション開発の問題
2.2 Serverless Frameworkとは
2.3 Serverlessの仕組み
2.4 フォースタでの利用例1
2.5 フォースタでの利用例2
2.6 まとめ

第3章 社内プロダクト開発の特徴を考える

3.1 はじめに
3.2 社内向けプロダクト開発の意義
3.3 プロダクトは誰のもの?
3.4 社内プロダクト開発の注意点
3.5 社内プロダクトを開発する面白さとは
3.6 おわりに

第4章 挫折した人向け ふりかえり再入門

4.1 ふりかえりとは
4.2 ふりかえりの型
4.3 ふりかえりを続けるためのコツ
4.4 まとめ
4.5 おまけ

第5章 ゼロから開発組織を立ち上げて学んだこと

5.1 歴史
5.2 気をつけた方がいいこと
5.3 まとめ

あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする