セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
0件
1,650円 825円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 8pt
通常:
8pt

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

発売日 : 2020年9月25日
想定ページ数 : 256ページ
ISBN : 9784799326084
全文検索 : 対応
ビジネスパーソン1万8000人を
定点カメラ・ICレコーダー・GPSで調査、AI分析した
働き方の結論。

効率よく成果を出す人には、シンプルな「共通点」があった!


「働き方改革」がはじまり、
・残業できない
・仕事が終わらない
・休みたいけど、休める状況ではない
……など、ネガティブな思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。

本書は、そんなビジネスパーソンに、
「効率よく成果を出す方法」を紹介する1冊です。

著者の越川氏は、IT企業、日本マイクロソフトの業務執行役員などを経て、
現在、働き方改革の支援をする会社の代表を務めています。

その仕事の中で、クライアントの困りごとである
・残業できない
・人を増やせない
・でも仕事量は変わらない
という3大課題を解決するために、確立したのが本書で紹介する「トップ5%社員の習慣」です。

トップ5%社員は、特別な能力や才能に長けているというよりは、
「仕事が早く終わるツボ」を心得ている人です。
そのため、本書で紹介する仕事術は、誰でもできるもの。

・常に時間に追われているのに仕事が終わらず、努力だけでは限界を感じている人
・働き方改革やテレワーク導入を機に働き方を見直したいと思っている人
必読の1冊です。

トップ5%社員の五原則
1 「目的」のことだけを考える
2 「弱み」を見せる
3 「挑戦」を「実践」だと捉える
4 「意識変革」はしない
5 常に「ギャップ」から考える

目次

表紙
はじめに
目次
序章 AIで1万8000人分析してわかった、ずば抜けた結果を出す人の五原則
原則1 「5%社員」の98%が「目的」のことだけを考える
原則2 「5%社員」の87%が「弱み」を見せる
原則3 「5%社員」の85%が「挑戦」を「実験」と捉える
原則4 「5%社員」の73%が「意識変革」はしない
原則5 「5%社員」の68%が常にギャップから考える
第1章 良かれと思ってやってしまう「95%社員」の行動
作業充実感に浸る
平日も休日もこまめにメールチェックする
重要そうな資料を用意してしまう
作業効率が上がったことに満足する
多くの情報はネットで検索できると思っている
問題が起きたら、すぐ解決策を考える
第2章 トップ「5%社員」のシンプルな思考と行動
達成感を大切にする
新しい挑戦にはデメリットがあることを理解している
完璧を目指さない
再現性を大切にする
止まって考える時間を設けている
経験学習をする
完成度が20%で意見を求める
アウトプットする習慣を持っている
笑顔の連鎖を作る
結果は準備で決めることを理解している
第3章 トップ「5%社員」の強いチームをつくる発言
「今ちょっといい?」
「そうかもしれない、しかし私はこう思う」
「いいね」「そうだね」「さすがだね」
「賛成、さらにこれやろう」
「そうだね、でもさらにこうすれば良いね」
「そうしたら、○○しよう」
第4章 トップ「5%社員」のすぐやる習慣
席にいない、動き回る
メールの返信が15分以内
まず単独行動する
新たな経験を好む
学びをすぐに実践する
仕事の締め切りに遅れない
すぐにメモを取る
第5章 今日からできるトップ「5%社員」のルーティン
1日5分の情報収集
メンターへのアウトプット習慣
フィードバック・コミュニティを持つ
週に1回、15分間の内省タイムを持つ
同じ操作を繰り返さないITテクニック
ランチで「ヨコの人脈」を構築する
あとがき
奥付

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする