カテゴリ一覧 著者一覧
Vue CLIがわかる!使える!TDDでつくるアプリ開発入門
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

Vue CLIがわかる!使える!TDDでつくるアプリ開発入門

発売日: 2020年5月22日
想定ページ数: 100ページ
ISBN: 9784844378532
ダウンロード: PDF EPUB
本書はVue.jsをCDN版で少し触れてみた人に向けて、Vue CLIへ移行するまでと、Vue CLI上でテスト駆動開発(TDD)をするまでの手順を解説します。合わせて、フロントエンドのVue CLIから利用するバックエンドのREST APIをExpressにて実装する際に、HTTPリクエスト部分をテスト駆動で開発する方法も掲載しています。Vue CLIの前提となっているwebpackとBabelについて「詳しく知らなくとも、とりあえず使えるようになる」ことを目指します。フロントエンドVue.jsとバックエンドExpressで「Azure上でそのまま公開できる簡単なWebアプリ」を説明のサンプルに用いています。
【目次】
第1章 Vue.jsのCDN版からVue CLI版へ移行
第2章 Vue CLIでテスト駆動開発する(TDD)
第3章 ExpressによるWebAPIサーバーをテスト駆動開発する(TDD)
第4章 フロントエンドVue.jsとバックエンドExpressを接続してAzureにDeployする
付録A 詳しくて細かいこと
付録B ExpressフレームワークのAzure向け導入方法
付録C Azureポータルでの「Webアプリ」インスタンスの作成方法
付録D Azureポータルで「Webアプリ」へのソースファイルの紐づけ方法

目次

はじめに

サンプルのソースコードについて
動作確認環境
免責事項
表記関係について
底本について

第1章 Vue.jsのCDN版からVue CLI版へ移行

1.1 CDN版でのWebアプリから開始
1.2 Vue CLI環境を導入
1.3 Vueファイルにまとめる
1.4 fontawesomeの利用(簡易版)
1.5 公開用のトランスパイル

第2章 Vue CLIでテスト駆動開発する(TDD)

2.1 MochaとChaiによるテスト(検証)の仕組み
2.2 Vueの表示状態をテストする
2.3 リファクタリングしてファイルを分割する
2.4 javascriptファイルのみを直接にMochaでテストする
2.5 sinon.jsによるスタブをMochaから利用する

第3章 ExpressによるWebAPIサーバーをテスト駆動開発する(TDD)

3.1 ExpressでHTTPリクエスト(REST API)をMochaで検証する
3.2 ExpressでバックエンドとしてのREST APIの応答をTDDで実装する

第4章 フロントエンドVue.jsとバックエンドExpressを接続してAzureにDeployする

4.1 フロントエンドとバックエンドを組み合わせて動作検証する
4.2 AzureのWebアプリ(PaaS)を用いて公開する

付録A 詳しくて細かいこと

A.1 Vue CLIでのfontawesomeの使いかた
A.2 Vue CLIのファイル構成と表示のされ方
A.3 Vue CLIの標準のUnitTest「Mocha + Chai」とヘルパー関数
A.4 babel.config.jsとは?Mocha向けに設定するには?
A.5 Expressのhttpサーバー上でVue CLIのファイルを表示する方法

付録B ExpressフレームワークのAzure向け導入方法

B.1 Expressスケルトンを作成
B.2 Azure向け、かつMochaテスト用に再構成

付録C Azureポータルでの「Webアプリ」インスタンスの作成方法

付録D Azureポータルで「Webアプリ」へのソースファイルの紐づけ方法

付録E 参考書籍、参考サイト

あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする