カテゴリ一覧 著者一覧
Kotlin & Swiftで始めるクロスプラットフォームアプリ開発入門
0件
1,980円(税込)
獲得ポイント: 20pt
通常:
20pt

Kotlin & Swiftで始めるクロスプラットフォームアプリ開発入門

発売日: 2021年3月5日
想定ページ数: 146ページ
ISBN: 9784844379348
ダウンロード: PDF EPUB
本書はDartやJavaScriptといった言語ではなく、iOS/Androidエンジニアに馴染みのKotlinやSwiftを用いたクロスプラットフォームアプリの開発方法を紹介します。具体的には、Kotlin/Nativeを利用したケースと、Swift for Androidを利用したケースをピックアップしています。馴染みのある言語で、iOS/Androidどちらでも動くクロスプラットフォームアプリを開発してみましょう。

【目次】
第一部 Kotlin/Nativeを利用したクロスプラットフォームアプリ開発
 第1章:Kotlin/Nativeの紹介
 第2章:Kotlin/Nativeの実行環境の構築
 第3章:Kotlin/Nativeプロジェクトの作り方
 第4章:Kotlin/Nativeプロジェクトにおけるテスト実行環境の構築方法
 第5章:ライブラリを追加する方法
 第6章:既存のプロジェクトに導入していくには
第二部 Swift for Androidを利用したクロスプラットフォームアプリ開発
 第7章:Swift for Androidとは
 第8章:Swift Packageの共有:開発環境とプロジェクト構成
 第9章:Swift Packageの共有:プロジェクトの作成方法
 第10章:他のSwift Packageを参照する
 第11章:Swift Packageの共有:メリットとデメリット
 第12章:Scadeとは
 第13章:ScadeのHello World
 第14章:Scadeを使ったTODOアプリ開発

目次

はじめに

クロスプラットフォームアプリについて
本書の構成と対象読者
著者ついて
免責事項
表記関係について
底本について

第一部 Kotlin/Nativeを利用したクロスプラットフォームアプリ開発

はじめに

第1章 Kotlin/Nativeの紹介

1.1 Kotlin Multiplatformプロジェクトとは
1.2 Kotlin/Nativeとは
1.3 Kotlin Multiplatform Mobileとは
1.4 まとめ

第2章 Kotlin/Nativeの実行環境の構築

2.1 前提条件
2.2 KMM pluginを使ってプロジェクトを作る
2.3 サンプルコードを実行してみる
2.4 まとめ

第3章 Kotlin/Nativeプロジェクトの作り方

3.1 Androidプロジェクトの作成
3.2 SharedModuleを作る
3.3 Android向けにSharedFrameworkを作る
3.4 iOSプロジェクトの作成
3.5 iOS向けにSharedFrameworkを作る
3.6 まとめ

第4章 Kotlin/Nativeプロジェクトにおけるテスト実行環境の構築方法

4.1 Android向けにテスト実行環境構築
4.2 iOS向けにテスト実行環境構築
4.3 まとめ

第5章 ライブラリを追加する方法

5.1 KMMにおけるライブラリ利用
5.2 プラットフォーム固有のiOSおよびAndroidライブラリを利用
5.3 iOSとAndroidの両方で動作するライブラリを利用
5.4 まとめ

第6章 既存のプロジェクトに導入していくには

6.1 どのようなコードを共有するか
6.2 モジュールを切り出す準備
6.3 実装
6.4 まとめ

Kotlin/Nativeまとめ

第二部 Swift for Androidを利用したクロスプラットフォームアプリ開発

はじめに

第7章 Swift for Androidとは

7.1 Swiftとは
7.2 Swift for Android: SwiftをAndroid向けにビルドする

第8章 Swift Packageの共有:開発環境とプロジェクト構成

8.1 開発環境
8.2 共有パッケージの構成

第9章 Swift Packageの共有:プロジェクトの作成方法

9.1 SharedModuleの作成
9.2 iOSプロジェクトの作成
9.3 Androidプロジェクトの作成

第10章 他のSwift Packageを参照する

10.1 Swift Packageの参照を追加する
10.2 Androidで外部のPackageを使用する際の制限事項
10.3 まとめ

第11章 Swift Packageの共有:メリットとデメリット

11.1 メリット
11.2 デメリット
11.3 まとめ

第12章 Scadeとは

12.1 Scadeのインストール
12.2 Scadeの起動と設定

第13章 ScadeのHello World

13.1 プロジェクトの作成
13.2 プロジェクトの概要
13.3 UIコンポーネントの設置
13.4 シミュレータでの動作確認
13.5 ボタンの追加とカスタマイズ
13.6 ロジックの追加
13.7 Bindingの追加とロジックの修正

第14章 Scadeを使ったTODOアプリ開発

14.1 アプリの概要・要件
14.2 画面の追加
14.3 画面のレイアウト
14.4 ロジックの実装
14.5 UIとモデル等のBinding
14.6 シミュレータでの動作確認
14.7 既知の不具合

Swift for Androidまとめ

おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする