カテゴリ一覧 著者一覧
Local APICタイマー入門
0件
700円(税込)
獲得ポイント: 7pt
通常:
7pt

Local APICタイマー入門

発売日: 2019年4月14日
想定ページ数: 40ページ
ダウンロード: EPUB
時間計測はOSを構成する基礎技術です.時間計測にはタイマーと呼ばれるハードウェアが使われます.歴史的に様々なタイマーが開発されPCに搭載されてきました.本書では,2019年現在の典型的な構成のPCに搭載されているタイマーであるACPI PMタイマー,Local APICタイマー,およびTSCの制御方法を説明します.

本書の主題であるLocal APICタイマーはCPUコアに内蔵されたタイマーで,小さなオーバーヘッドで動作し,割り込みにも対応できる使い勝手の良いタイマーです.割り込みの設定方法を含め,タイマーの使い方を詳しく説明します.具体的には,機種により異なるタイマーの動作周波数の測定方法,一般的な割り込み設定の紹介,タイマー固有の割り込みの設定方法などを説明します.

Local APICタイマーの周波数測定に必要となるため,ACPI PMタイマーの使い方も説明します.このタイマーは割り込み機能は無いため通常の使用には使えませんが,動作周波数が仕様により固定されているため,周波数が未知のタイマーの周波数測定に便利です.

目次

第1章 はじめに

1.1 周波数と時間の関係
1.2 謝辞

第2章 タイマーの種類

2.1 PIT(Intel 8254)
2.2 RTC(Motorola MC146818)
2.3 HPET
2.4 ACPI PMタイマー
2.5 Local APICタイマー
2.6 TSC

第3章 ACPI PMタイマー

3.1 RSDPとXSDTの取得
  • EDK IIでGUIDを使う方法
3.2 FADTの取得
3.3 タイマーの使い方

第4章 Local APICタイマー

4.1 レジスタインターフェース
4.2 タイマーの使い方(ポーリング編)
4.3 割り込み設定
4.4 割り込みハンドラ
  • エラーコード付き割り込みハンドラ
4.5 IDT
  • 割り込み記述子
  • IDT
4.6 タイマーの使用方法(割り込み編)

第5章 TSC

5.1 TSCの進化
5.2 TSCの使用方法
5.3 Invariant TSCの検出
  • CPUID
  • Invariant TSCの検出

第6章 UEFI環境でのRTC

6.1 UEFIのRTC機能
6.2 ランタイムサービス

参考文献

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする