ちいさく始める農業IoT カメラ編
5.0
500円(税込)
獲得ポイント: 5pt
通常:
5pt

ちいさく始める農業IoT カメラ編

発売日: 2020年3月7日
想定ページ数: 59ページ
ダウンロード: PDF EPUB
AWS IoT Coreを活用してRaspberry piで農業IoTを初めてみる本です。
今回はカメラ編ということで、Raspberry piでカメラを使って畑を監視するシステムを作ります。

以下に興味がある方は是非見てみてください。

・RaspberryPiを間欠動作させてモバイルバッテリーで長時間駆動
・アクセスキーをベタ書きせずに、AWS IoT Coreの証明書を使ってS3に画像をアップロード
・カメラで撮影した画像をLINEに通知

目次

まえがき

本書に含まれる内容
本書に含まれない内容

第1章 準備

1.1 本書を作成するにあたり用意したもの

第2章 Raspberry pi セットアップ

2.1 Raspberry piの基本的な設定
2.2 python3 関連のモジュールをインストール
2.3 Witty piのセットアップ
2.4 USBドングルのセットアップ

第3章 カメラモジュールを使ってみる

3.1 カメラモジュールの取り付け
3.2 コマンドから使ってみる
3.3 picameraで使ってみる

第4章 AWSのセットアップ

4.1 IAMユーザー作成
4.2 アクセスキーの設定
4.3 S3アップロードしてみる

第5章 AWS IoT Coreとの連携

5.1 モノの追加
5.2 証明書の登録
5.3 疎通確認
5.4 メッセージを他のサービスに飛ばす
5.5 画像データを送信する
  • 5.5.1 IAMロールの作成
  • 5.5.2 IAMポリシーの作成・アタッチ
  • 5.5.3 ロールエイリアスを作成
  • 5.5.4 アクセスキーを取得してみる

第6章 Witty piを使う

6.1 Raspberry piとの接続
6.2 使い方
  • 6.2.1 電源ボタン
  • 6.2.2 D.Loadスイッチ
  • 6.2.3 Defaultスイッチ
6.3 使ってみる
  • 6.3.1 wittyPyについて
  • 6.3.2 起動、シャットダウンがうまくいかない場合

第7章 外に持って行こう

7.1 最終的なプログラム
  • 7.1.1 service登録
7.2 LINEに画像を飛ばす
  • 7.2.1 LINE Developers のアカウントを作成する
  • 7.2.2 LINE 通知用の Lambda を作成する
  • 7.2.3 Lambda 起動用のトリガーを追加
  • 7.2.4 S3バケットの公開設定
7.3 筐体を用意する
  • 7.3.1 必要機材
  • 7.3.2 筐体の穴あけ
7.4 設置方法

第8章 おまけ

8.1 個人で畑を借りる
8.2 もし盗まれたら?

第9章 あとがき

奥付

ユーザーレビュー

5.0
投稿者:渚紗
投稿日:2021年2月21日
Raspberry Piの理解もできる
IoT機器の楽しさを体感できます。
Raspberry Piを使って何かしてみたいと思っていたので、購入しましたが期待通りの内容でした。
すべてのレビューを見る
書籍をシェアする