カテゴリ一覧 著者一覧
個人開発サービス運営実践入門 50万人が使うDiscord Bot「shovel」の舞台裏
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

個人開発サービス運営実践入門 50万人が使うDiscord Bot「shovel」の舞台裏

発売日: 2020年9月18日
想定ページ数: 138ページ
ISBN: 9784844378648
ダウンロード: PDF EPUB
「自分の技術を活かしてサービスをつくり、大勢の人に使ってもらいたい」と思ったことはありませんか? サーバーの上にあるシステムを24時間365日稼働させつづけるには、ただプログラムを書くときとはまったく異なるさまざまな困難が立ちはだかります。本書ではアプリケーションの開発・テストについてはもちろん、「セキュリティ」「トラブル対応」「ユーザーサポート」「お金」といった、サービス運営特有の気になる話題について、著者が運営する日本語読み上げDiscord Bot「shovel」の実例を交えてたっぷり紹介します! Discord Botを開発・運用していきたい方にはもちろん、それに限らず、その他のBotやWebサービスに関心のある方にも楽しく読んでいただけます。

【目次】
第1章 DiscordとDiscord Bot
第2章 shovel - 日本語読み上げDiscord Bot
第3章 shovelのシステム構成
第4章 shovelのソフトウェア構成
第5章 大勢に使ってもらえるサービスを目指して
第6章 品質を上げるための設計のポイント
第7章 開発環境 - 開発効率と品質をあげる礎
第8章 実装 - いざ、コーディング
第9章 テスト - コードの品質をまもる、最後の砦
第10章 Discord Botのテスト自動化
第11章 アップデートのための作業
第12章 Botの土台作りのダイジェスト
第13章 セキュリティ - Botとユーザーを守る壁
第14章 監視 - 24時間みまもり体制
第15章 バックアップ - 安心を確保する
第16章 運営 - ユーザーと接しよう
第17章 Bot運営の金銭面

目次

はじめに

あなたのサービスをたくさんの人に届けよう!
対象読者
この本を読むとわかること
この本の構成

第1章 DiscordとDiscord Bot

1.1 ゲーマーに大人気!ボイスチャットサービスDiscord
1.2 Discord Botの正体
1.3 Discord Botで「Hello, world!」

第2章 shovel - 日本語読み上げDiscord Bot

2.1 50万人が使う読み上げBot「shovel」
2.2 shovelの機能
2.3 shovelユーザーの声

第3章 shovelのシステム構成

3.1 shovelのシステム全体構成
3.2 shovelの必要スペックは? サーバー性能公開
3.3 shovelを助けるミドルウェアたち
3.4 shovelを見守る監視体制を実現するツール

第4章 shovelのソフトウェア構成

4.1 shovel本体を俯瞰する
4.2 cog - shovelを構成する歯車たち
4.3 shovelの機能を請け負うモジュール
4.4 多くの外部パッケージがshovelを支えている
4.5 shovelが使う外部アプリケーション

第5章 大勢に使ってもらえるサービスを目指して

5.1 たくさんの人にサービスを使ってもらうには
5.2 shovelの戦略 - ユーザーを逃がさない!
5.3 システムの品質について考える
5.4 開発プロセスを俯瞰する

第6章 品質を上げるための設計のポイント

6.1 ユーザビリティを考える
6.2 ユーザビリティの実例 - shovelの工夫
6.3 異常系に漏れなく対応しよう
6.4 漏れた異常系を後からみつける
6.5 ログはBotを良くするヒントの宝庫!
6.6 アプリケーションログはBotの活動日記

第7章 開発環境 - 開発効率と品質をあげる礎

7.1 コードを書き、動かす環境を整えよう
7.2 環境を3系統用意しよう
7.3 環境をつくる手順
7.4 コード変更なしに環境を切り替える方法

第8章 実装 - いざ、コーディング

8.1 実装の流れ
8.2 リファクタリングで保守性を担保!
8.3 保守性を高める実装
8.4 ユーザビリティのための実装

第9章 テスト - コードの品質をまもる、最後の砦

9.1 テストとは何なのか
9.2 テストを設計しよう
9.3 テストを実施しよう

第10章 Discord Botのテスト自動化

10.1 テスト自動化とは
10.2 Botのテストに欠かせないモジュール「jishaku」
10.3 テスト自動化の実装方法を紹介!

第11章 アップデートのための作業

11.1 アップデートリハーサルをしよう
11.2 本番アップデートの実施
11.3 「2系統アップデート」でダウンタイム大幅短縮!

第12章 Botの土台作りのダイジェスト

12.1 どこでBotを動かすか検討しよう
12.2 サーバーのセットアップをダイジェストで紹介!
12.3 DBでデータを永続化しよう
12.4 バックアップ設定

第13章 セキュリティ - Botとユーザーを守る壁

13.1 知らないうちに犯罪に加担しないために
13.2 サーバーのセキュリティを固めよう
13.3 Botを狙う攻撃手法を知ろう

第14章 監視 - 24時間みまもり体制

14.1 みまもり+非常アラート=監視
14.2 何を監視する?
14.3 監視に役立つツール
14.4 Botをツールから監視できるようにしよう

第15章 バックアップ - 安心を確保する

15.1 バックアップの必要性
15.2 さまざまなバックアップ
15.3 バックアップの作法

第16章 運営 - ユーザーと接しよう

16.1 情報発信の拠点をつくろう
16.2 ユーザーとどう関わるか考える
16.3 サービスを段階的に公開するメリットとデメリット
16.4 サービスの印象をデザインする
16.5 効果的な広報でBotを知ってもらおう
16.6 Botに機能を追加する
16.7 Botから機能を削除する - 破壊的変更
16.8 動作詳細ログでアプリケーションを分析する

第17章 Bot運営の金銭面

17.1 サービス運営は儲かるのか?
17.2 サービス運営で出ていくお金
17.3 サービス運営で入ってくるお金
17.4 shovelのお金事情

おわりに

あとがき - 個人開発のよろこび
謝辞

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする