カテゴリ一覧 著者一覧
「一人で生きる」が当たり前になる社会
0件
1,100円(税込)
獲得ポイント: 11pt
通常:
11pt

「一人で生きる」が当たり前になる社会

発売日 : 2020年12月18日
想定ページ数 : 280ページ
ISBN : 9784799327067
全文検索 : 非対応
2040年には、独身者が人口の5割になり、既婚者(64歳まで)は3割になるーー。

この衝撃的な数字を見て、みなさんはどのように感じたでしょうか。
「既婚者である自分たちは、少数派になってしまうのか……」
「このままだと、少子高齢化がますます進むだろうし、日本の将来はどうなるのか……」
と思ったかもしれません。

あるいは逆に、
「これから『一人で生きていく』ことに不安しか感じていなかったが、20年後には自分たちが多数派になるらしい。ということは、社会のあり方も大きく変わらざるを得ないはずだから、今よりも暮らしやすくなっているかもしれない」
と前向きに感じた方もいらっしゃるでしょう。

では、実際のところはどうなのか?
というわけで、これからの日本は「一人で生きる」のが当たり前になる、という予測をテーマに据えて、独身研究の第一人者・荒川和久さんと気鋭の脳科学者・中野信子さんに対談をしていただきました。

この本は、大きく2部構成としました。

・前半(第1〜4章)は、独身者(ソロ)と既婚者のそれぞれの生き方や幸せ、「孤独」という「個人」にまつわることについて。

・後半(第5〜7章)は、視点を少しずつ個人から社会全体のほうに転じ、ソロと集団、多様性と個性といった社会的なテーマに移行するという流れになっています。

そして終章として、今の時代では無視できなくなった「withコロナ時代の生き方」という時事的なトピックで締めくくります。

「ソロ男の外食費は、一家族分の外食費の2倍近い」「恋愛が得意な人は全体の3割だけ」「実は、アメリカも同調圧力が強い」などのデータやファクトを縦横無尽に繰り出す荒川さんに対し、「認知的不協和」「ステレオタイプ脅威」「シャーデンフロイデ」といった学術的な用語を引き合いに出しながら、それらの現象を鮮やかに読み解いていく中野さん。

お二人それぞれの知見が詰まった鋭い現状分析、緻密な未来予測をお読みいただきながら、20年後のみなさん自身の生き方について考える一助としていただければ幸いです。

目次

はじめに
第1章 「ソロ社会」化する日本
2040年には、独身者が47%に
日本は高齢者よりも独身者が多い「独身国家」になる
300万人の日本人男性は、結婚相手が見つからない
関ヶ原を境に、東日本は男余り
独身男女の住むエリアの壁─「港区女子」と「足立区男子」は出会えるのか?
一人でいたい人は4割、他者と一緒にいたい人は6割
1歳半までの愛着関係が人づき合いを左右する?
結婚していても孤独死するという現実
経済活動としての結婚、搾取手段としての「皆婚主義」
家族市場の衰退、「ソロ活市場」の拡大
ソロ男の外食費は、一家族分の外食費の2倍近い!
第2章 孤独とは悪いことなのか?
孤独はお酒やたばこと同じくらい「健康を害する」?
癒やしの行為としての「孤食」
「ひとり飯」はかわいそうなのか?
孤独には、「選択的孤独」と「排除による孤独」の2つがある
友だちの数が可視化されて、孤独を増進するSNS
夫婦仲をSNSでアピールする夫婦は離婚寸前?
DVされても離れられない─「認知的不協和」の罠
「コミュ障」でも、コミュニケーションスキルは学習可能
ペットを飼うと、コミュニケーションスキルがUPする
1000年後には、愛の形が変わっている!?
結婚後5年以内に愛が冷める理由
男性の離婚と自殺には高い相関関係がある
第3章 ソロの幸せ、既婚者の幸せ
ソロ女は、徹底的に「愛よりお金」
「いつかは結婚できるはず」─ソロ男はロマンティスト
男性化する「ソロ女」
ソロの男女は、40代で「不幸度マックス」を迎えている
世界的に見ても、独身のほうが不幸?
ソロ男は、「有能な自分」しか肯定できない
結婚で自分を変えようと思うか、誰といても自分は自分と思うか
「インスタ映え」でわかる自己肯定感の高さ
容姿がよくても自己肯定感はUPしない
誰でも自己肯定感がUPする究極のテクニックがある?
他者のためでなく、自分のために美しく変わる
「男性は恋愛」「女性は仕事」が自己肯定感の判断基準
欠落感を埋めて幸せになるための「エモ消費」
「幸せ」を定義することはなぜ難しいのか
中島みゆきの『糸』の歌詞に込められた「幸せのかたち」
第4章 恋愛強者と恋愛弱者の生存戦略
30年前から変わらない「恋愛強者3割の法則」
自分と近い組み合わせの「恋愛同類婚」が約半数
恋愛強者は、男女ともに年収も高い
自分から能動的に動ける3割の人がモテまくる
「ナッジ」がなければ動かない、受け身な人々は7割
結婚は「父性と母性」を持たないと成り立たない
亭主関白な夫は、母性が豊富!?
「思いやりの欠如を金で補えるか」問題
金持ち男性を狙う婚活女子は「情弱」!?
女性は、男性を選んで育てるのが早道
結局、女性の容姿と男性の経済力はトレードオフなのか?
マッチングアプリは恋愛弱者を救えない!?
これからは、趣味としての結婚か、経済活動としての結婚か
「結婚する人・しない人の共存」が子育てしやすい社会の鍵
第5章 ソロ化と集団化の境界線
自分で自分に呪いをかける「ステレオタイプ脅威」の怖さ
オタク=「犯罪者」? なぜ根拠なきステレオタイプが量産されるのか
イケメン政治家が選挙に強い理由
属性vs属性 個人より共同体の意思が優先される危険性
「集団への帰属欲求」が個人をないがしろにする
一番守りたかったものほど崩壊してしまうという矛盾
実は「同調圧力」が強いアメリカ─人とつながれないと落伍者になる国
個人より社会が優先される欧米、江戸時代からソロ文化の日本
ソロ化と集団化の境界は、状況によって変化する
心の尺度をどう測るかという難題
認知負荷が高い状態を避けたがる「要はおじさん」
思考停止につながる「わかりやすさ至上主義」
第6章 自分とは何か─一人の人間の多様性
「ステレオタイプ脅威」を払拭するのは至難の業
目の前にある現金1000万円を総取りするか、分け合うか
「1000万円総取り」を選ぶのは、理屈で動く人
ステレオタイプではひとくくりにはできない
なぜみんな、「スタバでMac」なのか?
個性を求めると、かえって人と同じになってしまう?
「自分とは何か」という問いと、一人の人間の中の多様性
第7章 世の中を動かす「感情主義」のメカニズム
「感情主義」が政治やビジネスを動かす
誹謗中傷がもはや「快楽」になっている?
「不正をした人を罰したい」という感情は、生まれつき備わっている
「叩くという快楽」にふける「正義中毒者」たち
他人を叩く快感─「シャーデンフロイデ」
人は感情で動き、理屈を後づけしている
「共感でつながるべき」という勘違い
言葉にできない感情を言語化してくれる人がカリスマになる
話を聞いてもらって的確に言語化してもらえる快感
これからは、人に話を聞いてもらうサービスが流行る?
感情よりも理屈よりも、まず環境を変えよ
共感とは、感情に理屈づけをすること
終章 「withコロナ時代」の生き方を考える
「コロナ離婚」の増加が意味するもの
マスクを嫌がる欧米人、サングラスを怖がる日本人
なぜ、オンラインミーティングはやりにくいのか
一人でいると、ネガティブ・スパイラルにはまりやすい
マスク買い占めに見る、人間の本質の変わらなさ
ネガティブな感情の拡散に冒されない
あとがき
著者紹介

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする