カテゴリ一覧 著者一覧
AWSで学ぶクラウドネイティブ実践入門
0件
2,200円(税込)
獲得ポイント: 22pt
通常:
22pt

AWSで学ぶクラウドネイティブ実践入門

発売日: 2020年11月13日
想定ページ数: 218ページ
ISBN: 9784844379065
ダウンロード: PDF EPUB
クラウドネイティブとは、各種のクラウドサービスを利用して構築された、クラウド環境での運用を前提としたシステムやサービスを指す定義です。本書はこのクラウドネイティブを支える技術である「コンテナ」と「CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)」を中心とし、AWS(Amazon Web Services)のECS/Fargate/Codeシリーズなどの各種サービスを組み合わせていくことで、コンテナやCI/CDのベース環境の構築をハンズオン形式で構成しています。中級者でも満足できるように、ハンズオン内には随所に構築に役立つTipsや補足情報なども記載しています。

【目次】
第1章 ようこそ、クラウドネイティブの世界へ
第2章 AWSで構築するクラウドネイティブサービス
第3章 コンテナサービスの構築
第4章 CI/CDの構築
付録A アカウントを跨いだステージング環境へのリリース

目次

まえがき

第1章ようこそ、クラウドネイティブの世界へ

1.1クラウドネイティブってなんだろう?
1.2クラウドネイティブが求められる背景
1.3クラウドネイティブ化の進め方
1.4コンテナがもたらす世界
1.5CI/CDがクラウド時代に求められる理由とは?
1.6コンテナの運用を支えるオーケストレーション
1.7まとめ

第2章AWSで構築するクラウドネイティブサービス

2.1構築するサービス図
2.2AWSサービスの紹介 - コンテナ
2.3AWSサービスの紹介 - CI/CD
2.4AWSサービスの紹介 - 運用・監視・セキュリティ
2.5AWSサービスの紹介 - その他

第3章コンテナサービスの構築

3.1構築の前提と全体流れ
3.2ネットワークの構築
3.3ロードバランサの作成
3.4コンテナイメージの作成と登録
3.5オーケストレーションの構築
3.6データベースの作成
3.7まとめ

第4章CI/CDの構築

4.1サンプルアプリケーション用の環境設定
4.2ビルド定義の作成
4.3デプロイ定義の作成
4.4パイプラインの構築
4.5CI/CDの実施
4.6運用戦略
4.7まとめ

付録Aアカウントを跨いだステージング環境へのリリース

A.1ステージング環境へのリリースのポイント
A.2ステージング環境へのリリース

おわりに

謝辞

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする