セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
いまの仕事でいいの?と思ったら読む本
0件
1,650円(税込)
獲得ポイント: 17pt
通常:
17pt

いまの仕事でいいの?と思ったら読む本

発売日 : 2016年11月18日
ISBN : 9784809414305
全文検索 : 非対応
安定した大企業でのサラリーマン生活と決別し、プロテニスコーチ、トップアスリートのメンタルトレーナー、会社経営者、大学教授、講演者、執筆者といった様々な職業で成功を収めてきた著者に学ぶ、「好き」と「得意」を仕事につなげるための思考法。
仕事に対する凝り固まった考え方から抜け出し、明日からの働き方が変わります。

こんな人におすすめ!
・転職を考えているが、一歩踏み出せない人
・いまの仕事に楽しみを見いだせない人
・自分のキャリアに不安がある人
・好きなことがあるが、どうやって仕事にするのかわからない人
・自分に合っている仕事を知りたい就活生



(※本書は2016/11/18に発売し、2020/12/1に電子化をいたしました)



児玉光雄(こだま みつお)
スポーツ心理学者。追手門学院大学特別顧問。元鹿屋体育大学教授・テニス部監督
1947年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒。UCLA大学院工学修士。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員、プロテニスコーチ等を経て臨床スポーツ心理学者として多くのプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。自身もテニスプレーヤーとして1970~74年、全日本選手権に出場。主な著書に『錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考』(楓書店)『イチロー思考』『なぜテニスは練習しても上手くならないのか』(東邦出版)がある。

目次

プロローグ
第1章 夢を叶えるのに必須の心構え
破天荒な目標を設定してみよう
02 「現在という一瞬」が人生のすべて
03 ポジティブな要素を探し出す天才になろう
04 転職する機会は絶対逃がしてはいけない
05 アマチュアの延長にプロはない
06 その気になればいつでも会社は辞められる
07 1万時間かけて一つのテーマを突き詰めよう
第2章 好きを仕事にする生き方
08 分岐点では迷わず「変化」を選択しよう
09 まずは目の前の仕事で成果を挙げよう
10 両親の有り難さに気づこう
11 人が仕事を選ぶのではない。仕事が人を選ぶのだ。
12 仕事のなかにワクワク感を膨らまそう
13 あなたの個性を仕事にぶつけよう
14 「一生かかって何をしたいのか」を考えよう
15 「やりたくないこと」こそ、転職のエネルギー源
16 自分を必要としてくれる会社を探そう
第3章 得意なことを仕事にするヒント
17 仕事と趣味は車の両輪
18 得意なことを仕事にしよう
19 有能感を仕事のなかから見つけ出そう
20 一隅を照らす仕事をしよう
21 好奇心や情熱を心のなかに膨らまそう
22 転職のチャンスを逃がさない準備をしよう
23 自分の決断はすべて正しいと断言しよう
24 才能とは「継続する情熱」のこと
25 理屈抜きに「量」をこなそう
26 目の前の作業を精一杯楽しもう
第4章 目の前の仕事に楽しみを見出す
27 仕事の井戸を深く掘り進もう
28 ときには、寝食を忘れて何かに没頭しよう
29 人生は目の前の一瞬しかない
30 得点化すればどんな仕事も面白くなる
31 現状に甘んじてはいけない
32 あなたの天職は何だろう?
33 適職について真剣に考えてみよう
34 「勇気」「希望」「忍耐」が転職のキーワード
第5章 あなたの仕事を面白くする要素を探り出す
35 仕事に潜む快感を見つけ出そう
36 自分の仕事を100%支配しよう
37 仕事と格闘して新しい才能を身につけよう
38 時間は有限であることを認識しよう
39 お金に対する考え方を見直そう
40 最重要の作業にたっぷり時間を割こう
41 「時間管理の達人」を目指そう
42 自分の仕事の価値観を再認識しよう
第6章 出会いがあなたの運命を変える
43 理屈抜きに行動の数を増やそう
44 転機が訪れたら率先して行動を起こそう
45あなたの運命を変える出会いを逃さない
46 新しい世界に飛び込む覚悟を決めよう
47 ピンチになったら、「チャンス到来!」
48 逆境の先にいいことが必ず待っている
49 やりたいことをやっちゃう人間を目指そう
50 決断の前には熟考しよう
51 「転職のアンテナ」の感度を上げよう
エピローグ 私はこうして生きてきた
参考文献
児玉光雄の主な著作リスト(2016年 10月現在)

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする