カテゴリ一覧 著者一覧
レベルアップNode.js
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

レベルアップNode.js

発売日: 2020年6月19日
想定ページ数: 180ページ
ISBN: 9784844378587
ダウンロード: PDF EPUB
本書は入門書の次に読むことを想定にした、中級者へのステップアップを目指すNode.js解説書です。主にNode.jsに対する技術的な内容を扱います。本書を読むことによって、Node.jsに対する理解を深めることができます。Node.jsの副読本として活用ください。

【目次】
第1章 Node.jsの全体像
第2章 npm(Node Package Manager)
第3章 サーバーとしてのNode.js
第4章 イベントループ
第5章 非同期プログラミング(コールバック)
第6章 コールバック地獄の解消
第7章 Stream
第8章 AltJSとTypeScriptを使った開発
第9章 コーディングガイドラインとESLint
第10章 Node.jsとセキュリティ
第11章 Node.jsのコアには、どのようなモジュールがあるのか
第12章 JavaScript & Node.js Tips集
付録A Node.jsの習得に役立つ情報を得るには
付録B ES2015(ES6)
付録C ES2016
付録D ES2017
付録E ES2018
付録F ES2019
付録G Node.js v13とv14について

目次

まえがき

本書のターゲット
本書のバックグラウンド
底本について
サンプルコードについて
【参考】:macでのnodebrewのインストール

第1章 Node.jsの全体像

1.1 サーバーサイドのJavaScript実行環境
1.2 V8 JavaScript Engine
1.3 Node.jsで使えるJavaScriptの文法
1.4 libuv
1.5 node-core(JavaScript API)
1.6 Node.jsのリリースサイクル
1.7 まとめ

第2章 npm(Node Package Manager)

2.1 package.json
2.2 package-lock.json
2.3 npmの設定
2.4 npx
2.5 npmパッケージの選定
2.6 Yarn
2.7 npmとyarnのどちらを使うのか

第3章 サーバーとしてのNode.js

3.1 シングルプロセスとシングルスレッド
3.2 クラスタリング
3.3 プロセスマネージャー
3.4 まとめ

第4章 イベントループ

4.1 イベントキュー
4.2 イベントループ
4.3 ブラウザーとキューとスレッド
4.4 まとめ

第5章 非同期プログラミング(コールバック)

5.1 例外で知る同期と非同期の違い
5.2 まとめ

第6章 コールバック地獄の解消

6.1 関数分割
6.2 Promise
6.3 co
6.4 async/await
6.5 それぞれの方法におけるエラーの捕捉
6.6 Promise(エラー系)
6.7 co(エラー系)
6.8 async/await(エラー系)
6.9 まとめ

第7章 Stream

7.1 Streamを制するものは、Node.jsを制す
7.2 fs.createReadStream()
7.3 node-coreのAPIパターンを使い分けよう
7.4 EventEmitter
7.5 ES2018 Async Iteration(for await...of)
7.6 highWaterMark
7.7 Streamは難易度が高い?
7.8 まとめ

第8章 AltJSとTypeScriptを使った開発

8.1 AltJS(代替JavaScript言語)とは
8.2 AltJSの種類
8.3 TypeScript
8.4 TypeScriptを使ったNode.jsの開発
8.5 まとめ

第9章 コーディングガイドラインとESLint

9.1 Airbnb JavaScript Style Guide
9.2 JavaScript Standard Style
9.3 ESLint
9.4 ESLintとコーディングガイドラインの連携
9.5 コードを自動フォーマットするPrettier
9.6 まとめ

第10章 Node.jsとセキュリティ

10.1 セキュリティの基礎知識を習得しよう
10.2 Node.jsのアップデート
10.3 サーバー自身のセキュリティ対策
10.4 Expressのベスト・プラクティスに学ぼう
10.5 Node.jsのセキュリティ・チェックリスト
10.6 まとめ

第11章 Node.jsのコアには、どのようなモジュールがあるのか

11.1 公式ドキュメントではStabilityに注意しよう
11.2 Assertion Testing
11.3 Async Hooks
11.4 Buffer
11.5 C++ Addons / C・C++ Addons with N-API
11.6 Child Process
11.7 Cluster
11.8 Command Line Options
11.9 Console
11.10 Crypto
11.11 Debugger / Inspector
11.12 Deprecated APIs
11.13 DNS
11.14 Domain
11.15 ECMAScript Modules
11.16 Errors
11.17 Events
11.18 File System
11.19 Globals
11.20 HTTP / HTTPS
11.21 HTTP/2
11.22 Internationalization
11.23 Modules
11.24 Net
11.25 OS
11.26 Path
11.27 Performance Timing API
11.28 Policies
11.29 Process
11.30 Punycode
11.31 Query Strings
11.32 Readline
11.33 REPL
11.34 Report(Diagnostic Report)
11.35 Stream
11.36 String Decoder
11.37 Timers
11.38 TLS/SSL
11.39 Trace Events
11.40 TTY
11.41 UDP/Datagram
11.42 URL
11.43 Utilities(Util)
11.44 V8
11.45 VM (Executing JavaScript)
11.46 WASI(WebAssembly System Interface)
11.47 Worker Threads
11.48 Zlib

第12章 JavaScript & Node.js Tips集

12.1 Strict モード
12.2 varとletの違い
12.3 ログを出力する場所について
12.4 開発環境と本番環境のconfigを切り替える
12.5 validatorを使った入力チェック
12.6 数値の仕様について
12.7 nullとundefinedの違い
12.8 JavaScriptの暗黙的型変換
12.9 JavaScriptのthis問題
12.10 Socket.IOの負荷分散
12.11 グラブルの安定稼働を支えるNode.js
12.12 PLAIDが5年間で12万行書いてわかったこと
12.13 Node.jsとFaaS(Function as a Service)
12.14 Node.jsのフレームワークはどれを使えば良いのか?
12.15 Node.jsでユニットテスト
12.16 C10K問題を解消するNode.js

付録A Node.jsの習得に役立つ情報を得るには

A.1 (書籍)Node.jsデザインパターン 第2版
A.2 イベント
A.3 (ブログ)エンジニアブログ
A.4 (ポッドキャスト)mozaic.fm
A.5 ウェブ

付録B ES2015(ES6)

B.1 Arrow Functions
B.2 Promises
B.3 Generators
B.4 let and const
B.5 Classes
B.6 import/export
B.7 Template Literals
B.8 Default parameters
B.9 The spread operator
B.10 Destructuring assignments
B.11 Enhanced Object Literals
B.12 For-of loop
B.13 Map and Set
B.14 New String methods
B.15 New Object methods

付録C ES2016

C.1 Array.prototype.includes()
C.2 Exponentiation Operator

付録D ES2017

D.1 String padding
D.2 Object.values()
D.3 Object.entries()
D.4 Object.getOwnPropertyDescriptors()
D.5 Trailing commas
D.6 Async functions
D.7 Shared Memory and Atomics

付録E ES2018

E.1 Rest parameters
E.2 Spread Properties
E.3 Asynchronous iteration
E.4 Promise.prototype.finally()
E.5 Regular Expression improvements

付録F ES2019

F.1 Array.prototype.flat()
F.2 Array.prototype.flatMap()
F.3 Optional catch binding
F.4 Object.fromEntries()
F.5 String.prototype.trimStart()
F.6 String.prototype.trimEnd()
F.7 Symbol.prototype.description
F.8 JSONにおける\u2028と\u2029問題の改善
F.9 JSONにおけるサロゲート文字列のエンコード問題の改善
F.10 Function.prototype.toString()
F.11 ES2015以降のJavaScriptの学び方

付録G Node.js v13とv14について

G.1 Node.js v13
G.2 Node.js v14

あとがき

主要参考文献

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする