カテゴリ一覧 著者一覧
WebRTCとngrokを使用したリアルタイムビデオチャットWEBアプリの作成
5.0
1,000円(税込)
獲得ポイント: 10pt
通常:
10pt

WebRTCとngrokを使用したリアルタイムビデオチャットWEBアプリの作成

ダウンロード: PDF
【本書で得られる成果物】

本書を初めから最後まで一通り行っていただくと、

最後にはサンプルとして動作する、 多人数ビデオ通話&テキストチャットアプリが完成します。

また、そのアプリを外部の人に試してもらえる環境構築方法も掲載しております。

※本書で作成するWebアプリケーションの作成までは、全て無料の範囲で行って いただけます。



【使用技術1:WebRTC、SkyWay】

プラグインを追加することなくWebブラウザ上でリアルタイムコミュニケーションを 可能にするオープンフレームワーク、

「WebRTC(Web Real-Time Communications)」を使用した、 低遅延多人数ビデオ通話&テキストチャットサービスなどを作成することができ ます。

その際、より高速にWebRTCアプリを開発することを重視するためにNTTコミュニ ケーションズ社が提供している便利なツール「SkyWay」を使用する手順も解説します。



【​使用​技術2:ngrok】

昨今の実務におけるスピード重視のプロトタイプ開発の潮流を考慮し、

クラウドサービスなどへデプロイする前段階の手軽な方法として

ローカルサーバーで動いているアプリを外部の人へ公開ができるツールである ngrokの使用方法も解説します。

これはWebRTCだけでなく、Djangoなどで作成したWebアプリでも簡単に公開が可能。



【​使用​技術3:HEROKU】

Herokuは有名なPaaSの一つです。「PaaS」は「Platform as a Service(プラットフォーム アズ ア サービス)」の略で、

Webサービスを公開するために必要なものを全て、予め用意してくれるという サービスです。

自身で開発したアプリをサーバー周りのことを詳しく知らなくても容易に動かせるようになります。"

目次

第1章 はじめに

1.1 概略
1.2 本書のスタイル

第2章 サンプルを動かしてみる

2.1 環境
2.2 1対1ビデオ通話アプリ
  • 2.2.1 サンプルプロジェクトの入手
  • 2.2.2 SkyWayの登録
2.3 テキストチャットアプリ
2.4 多人数ビデオ通話アプリ

第3章 ngrokを使ってLAN外の人と繋いでみる

3.1 ngrok環境準備

第4章 HEROKUでクラウド運用

4.1 HEROKUアカウント&アプリの登録
  • 4.1.1 アカウント登録
  • 4.1.2 HEROKUアプリの作成
4.2 環境準備
  • 4.2.1 Node.jsのインストール
  • 4.2.2 gitのインストール
4.3 HEROKUにプロジェクトをデプロイ
  • 4.3.1 HEROKUにログイン&gitとの連携
  • 4.3.2 サンプルプロジェクトのデプロイ
4.4 任意のプロジェクトのデプロイ
  • 4.4.1 オリジナルプロジェクトの配置
  • 4.4.2 このWEBアプリの利点

第5章 仕組み

5.1 WebRTCについて
  • 5.1.1 WebRTC概要
  • 5.1.2 WebSocketとの違い
  • 5.1.3 TCP、UDP、UDP Hole Punchingについて
5.2 SkyWayについて
  • 5.2.1 SkyWay概要
  • 5.2.2 SFUとは
5.3 ngrokについて
  • 5.3.1 ngrok概要

第6章 著者の熱い想い

ユーザーレビュー

5.0
投稿者:渚紗
投稿日:2021年2月21日
気軽に楽しめる
解説が丁寧で、すごく良いです。
作ることができた時の達成感が分かる本です。
今まで、HEROKUを全く理解していなかったので、これをきっかけに理解できました。
すべてのレビューを見る
書籍をシェアする