セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
お金をとことん増やしたい人のための 「資産運用」超入門
0件
1,650円 825円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 8pt
通常:
8pt

お金をとことん増やしたい人のための 「資産運用」超入門

発売日 : 2019年12月22日
想定ページ数 : 296ページ
ISBN : 9784799325773
全文検索 : 非対応
「そろそろ本気で資産運用をはじめたい!
 でも、何からはじめればいいか、よくかわからない…」という方のための本です


資産運用と聞くと、「悠々自適のお金持ちがやっている」とか、
「お金を失うギャンブルのような印象」とか、
「証券会社の手続きが複雑で面倒そう」といったイメージを持つ人も多いかもしれません。

でも、それは間違ったイメージです。
実際には、私たち普通の人がかんたんに実践できる方法があり、その環境も整っています。お金持ちでなくても、忙しい人でも、手軽にスタートすることができます。

方法さえマスターできれば、夢や目標をかなえたり、老後にゆとりを持って暮らしたりするための資産を自分でつくることができ、社会の状況に左右されることなく、自分の人生を自由に設計できるようになるのです!   

●本書は、「お金を大きく、とことん増やしたいと思っている方」に向けての本です。

PART1は、「銀行預金ぐらいはあるけれど、まだ何も運用はしていない……」という人が、資産運用をはじめる前に知っておきたい、必要最低限の基礎知識をコンパクトにまとめています。

PART2では、各種の資産運用法・金融商品の特徴とメリット、デメリットなどの情報をまとめました。それぞれの特徴を押さえることで、みなさんに合う方法がきっと見つかることと思います。

PART3では、実際に資産を運用するときのベースとなる考え方であり、「結果を出している人が共通して取り入れているメソッド」(本書では、「PECDメソッド」と名づけました)を本邦で初公開します。

人生100年、お金は自分で増やす時代です。
心もお金も豊かに、自分らしいライフスタイルを楽しむために、必読の一冊です!

●【こんな方におすすめします】

□ 収入を少しでも多く増やしたい
□ ムダづかいはしたくないけれど、旅行や趣味にはお金を使いたい
□ 将来、実現したい夢がある
□ 税金や社会保険料を引くと、ほとんどお金が残らない
□ 節約しているのに、いつもお金が足りない
□ 定期預金の金利が低いことが不満
□ がんばって働いているのに、給料が上がらなくて困っている
□ 年金が本当にもらえるか、老後が心配
□ お金にまつわる不安から解放されたい
□ お金の心配をせずに、心おだやかに過ごしたい

目次

表紙
はじめに
今こそ、普通の人でも手軽にお金を増やせる時代
「お金を増やす運用」と「お金を守る運用」は大違い!
一人ひとりが安心して、ゆとりある人生を送るために
目次
PART 1 基礎知識編資産運用をはじめる前に最低限、これだけはおさえましょう!
そもそも、「資産運用」とは?
資産運用は、働くあなたの最強のサポーター
資産運用は、未来の自分へのプレゼントでもある
なぜ「資産運用」をやったほうがいいの?
人生を支える「2つの収入」――2種類の働き方で将来の不安を消し去る
どんな人でもお金持ちになれるたった1つの方法とは?
資産運用って、お金を増やすこと? お金を減らさないこと?
そもそも、資産運用の「資産」とは?
安全な資産運用のための3つのポイントとは?
資産運用は専門家(プロ)に任せればいい?
資産運用で得られる3つのメリットとは?
資産運用にかかるコストはどれくらい?
お金の機能をフル活用しよう
お金には3つの機能がある
現金だけが通貨ではない――クレジットカード、電子マネー
新しいお金の形――仮想通貨(暗号資産)
最低限、知っておきたい経済の仕組み
経済の原理原則を知っておけば、資産運用に有利にはたらく
経済のからくりがわかれば、お金が増やせる
金利の原理・原則を知っておこう
金利が生まれる仕組みとは?
「信用経済の社会」で大切なこととは?
クレジットには、貸し手と借り手がいる
私たちの貯金は、資産運用に回っている
PART 2 資産運用法・金融商品ガイド編自分にぴったりの資産運用法を見つけましょう!
資産運用5つのキーワード
「リスク=危険」じゃない!――リスクの意味を知れば怖くない
「ボラティリティ」とは、知識や経験ではどうすることもできないもの
知識と経験があれば、「リターンを最大にし、リスクを最小にする」のは可能
無知こそ、最大のリスクである
資産運用法解説ページの読み方
1 株式
そもそも、「株式」とは?
「株式投資」とは?
株式投資のコストは?
株式投資のメリットは?
株式投資のデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
2 債券
そもそも、「債券」とは?
「債券投資」とは?
債券投資のコストは?
債券投資のメリットは?
債券投資のデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
3 不動産
そもそも、「不動産」とは?
「不動産投資」とは?
不動産投資のコストは?
不動産投資のメリットは?
不動産投資のデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
column 「借り入れ=悪」ではない! 高額物件購入で高利回りの家賃収入を実現
4 商品(コモディティ)
そもそも、「商品」(コモディティ)とは?
「商品取引」とは?
商品先物投資のコストは?
商品先物投資のメリットは?
商品先物投資のデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
5 投資信託
そもそも、「投資信託」とは?
「投資信託で運用する」って、どういうこと?
投資信託のコストは?
投資信託のメリットは?
投資信託のデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
6 現預金(為替)
そもそも、「現預金」とは?
「FX」ってどんなもの?
FXのコストは?
FXのメリットは?
FXのデメリットは?
基本的な資産運用法と目指せる成果は?
7 その他資産、デジタル資産など
「未公開株」とは?
「美術品(絵画・骨董品など)」とは?
「太陽光発電システム投資」とは?
「暗号資産・仮想通貨」とは?
「クラウドファンディング」とは?
それぞれを運用する場合のコストは?
その他資産、デジタル資産のデメリットは?
column おトクな「NISA」、「iDeCo」制度を知っていますか?
PART 3 実践編資産運用は、王道の「PDCAメソッド」に従ってはじめましょう!
結果を出している人は、どのようにして資産を運用しているのか?
初心者向け資産運用情報の落とし穴――「分散投資」では大きく増えません!
「資産を増やす運用」と「資産を守る運用」は別物!
お金を増やしたい人の王道の方法、「PECDメソッド」
「9つの質問」で、自分のタイプを知っておこう
「PECDメソッド」とは?
1 PLAN期具体的なPLAN(計画)を立てる
P1:現状を把握する
P2:目標を設定する
P3:目標の達成手段を知る
2 EXPERIENCE期幅広くEXPERIENCE(経験)を積む
自分に合った資産運用法を見つけるには?
3 CONCENTRATION期得意な運用にCONCENTRATION(集中)する
富裕層は、どのようにして富裕層になったのか?
2つのものを「集中」させる
4 DIVERSIFICATION期DIVERSIFICATION(分散)してお金を守る
分散投資で大切な「アセットアロケーション」の考え方
ポートフォリオをつくってみよう
「家賃収入」を手に入れることで、長期的な安定を目指そう
column うまい話にだまされないために
おわりに
奥付

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする