カテゴリ一覧 著者一覧
猫でもわかるBlazor実践入門
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

猫でもわかるBlazor実践入門

発売日: 2022年6月10日
想定ページ数: 178ページ
ISBN: 9784295600145
ダウンロード: PDF EPUB
Blazorは、C#と.NET Coreを用いてWebアプリケーションの開発ができるフレームワークです。
まだ技術として新しく、情報が少ないため独学が難しいのが実情です。本書では、認証つきのCRUDアプリを一緒に作成することができます。
筆者は普段の仕事でAzureやEntity Frameworkを使っているわけではないので、「このくらいは知っているだろう」と内容を省くことはありません。なぜなら、勉強し始めた頃の過去の自分に対して読んでほしい本だからです。
Blazorを少し触ったことがある人が、スムーズにもっと理解を深めていけるような本に仕上げました。
筆者はBlazorの勉強に80時間以上も費やしてしまいました。ゼロから独学しようとすると、かなりの時間を消費してしまいます。みなさんが同じように時間を使わなくて済むように、情報を凝縮して本書にまとめました。節約した時間で、開発をさらに加速させてください。
CRUDアプリが作れるようになれば、他にも応用が利きます。私と一緒にステップアップしていける内容になっています。

【目次】
第1章 Blazorとは
第2章 Blazorのはじめかた
第3章 プロジェクトの中身を見てみよう
第4章 問い合わせフォームをつくろう
第5章 Azure Active Directory B2Cを統合しよう
第6章 プロジェクトの中身を見てみよう
第7章 Entity FrameworkとSQL Serverを統合しよう
第8章 機能追加をしてみよう

目次

まえがき
第1章 Blazorとは
1.1 Blazorの概要
1.2 Blazorの種類
1.3 サポートされているプラットフォーム
第2章 Blazorのはじめかた
2.1 Visual Studioのインストール
2.2 新規プロジェクトの作成
2.3 プロジェクトの実行
第3章 プロジェクトの中身を見てみよう
3.1 Clientプロジェクト
3.2 Serverプロジェクト
3.3 Sharedプロジェクト
第4章 問い合わせフォームをつくろう
4.1 できあがりのイメージ
4.2 Razorコンポーネントの追加
4.3 プログラムの実装
4.4 メニューの追加
4.5 動作確認
4.6 プログラムを少し修正
4.7 修正後の動作確認
4.8 入力時にチェックを入れる
4.9 エラーメッセージを項目の近くに表示する
第5章 Azure Active Directory B2Cを統合しよう
5.1 Azure Active Directory B2Cとは
5.2 Azure AD B2Cの料金
5.3 テナントの作成
5.4 アプリの登録(サーバー側)
5.5 アプリの登録(クライアント側)
5.6 ユーザーフローの作成
5.7 Blazorプロジェクトの作成
5.8 ログイン画面の日本語化
第6章 プロジェクトの中身を見てみよう
6.1 サーバー側プロジェクト
6.2 クライアント側プロジェクト
第7章 Entity FrameworkとSQL Serverを統合しよう
7.1 Entity Frameworkとは
7.2 SQL Serverとは
7.3 SQL Serverの準備
7.4 Azure SQL Databaseの準備
7.5 Entity Frameworkの準備
7.6 サンプルデータを投入する
7.7 データの一覧を取得する
7.8 ファイアウォールの設定変更
7.9 記事を表示する
7.10 記事を参照する
7.11 記事を新規作成する
7.12 記事を修正する
7.13 記事を削除する
第8章 機能追加をしてみよう
8.1 マークダウン形式で記事を登録しよう
8.2 プレビュー機能を追加しよう
8.3 記事とログインユーザーを紐付けよう
8.4 自分の記事だけ修正可能にしよう
付録A おまけ
A.1 ソリューションにgitignoreを追加する
付録B 参考文献
B.1 Azure Active Directory B2Cを統合しよう
B.2 Entity FrameworkとSQL Serverを統合しよう
B.3 機能追加をしてみよう
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする