カテゴリ一覧 著者一覧
GitHub Actions 実践入門
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

GitHub Actions 実践入門

発売日: 2020年6月19日
想定ページ数: 130ページ
ISBN: 9784844378716
ダウンロード: PDF EPUB
本書はGitHubが提供する CI/CD サービスの「GitHub Actions」の解説書です。基礎的な知識をはじめ、実際の開発現場で活用するところまでを丁寧に解説しています。

【目次】
第1章 GitHub Actions の基礎知識
第2章 GitHub Actions の機能解説
第3章 アクション
第4章 サンプルレシピ
付録A コミュニティ

目次

まえがき

謝辞
対象読者
動作環境
本書の構成
お問い合わせ
免責事項

第1章 GitHub Actions の基礎知識

1.1 GitHub Actions とは
1.2 主な特徴
1.3 料金体系
1.4 Hello, World!
1.5 まとめ

第2章 GitHub Actions の機能解説

2.1 ワークフローとは
2.2 ワークフローファイルの保存場所
2.3 ワークフローが実行される仮想環境
2.4 ワークフロー設定ファイルの構文
2.5 キャッシュ
2.6 アーティファクト
2.7 イベントとアクティビティ
2.8 ログによるコマンド実行
2.9 ワークフローのデバッグ
2.10 権限
2.11 通知
2.12 ランナーのセルフホスティング
2.13 バッジ
2.14 REST API
2.15 制限事項
2.16 まとめ

第3章 アクション

3.1 アクションとは
3.2 JavaScriptアクション
3.3 アクションのメタデータ
3.4 actions/toolkit
3.5 JavaScriptアクションの依存関係の管理
3.6 README.md
3.7 公式テンプレートリポジトリー
3.8 TypeScript アクション
3.9 Dockerコンテナアクション
3.10 アクションをGitHub Marketplaceへ公開
3.11 アクションのデバッグ
3.12 アクションの探し方
3.13 まとめ

第4章 サンプルレシピ

4.1 ジョブ失敗時にSlackに通知
4.2 ワークフロー実行環境にSSHしてデバッグ
4.3 DockerイメージをGitHub Packagesで公開
4.4 reviewdogでLintの結果をプルリクエストに表示
4.5 Terraform GitHub ActionsでAWSにデプロイ
4.6 まとめ

付録A コミュニティ

A.1 GitHub Community Forum
A.2 connpass
A.3 Slack

あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする