カテゴリ一覧 著者一覧
猫でもわかるPlayFab 運用編 さらにゲームを良くするメソッド
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

猫でもわかるPlayFab 運用編 さらにゲームを良くするメソッド

発売日: 2022年2月4日
想定ページ数: 90ページ
ISBN: 9784295600398
ダウンロード: PDF EPUB
本書の⽬的は、PlayFab を使ったゲームのリリースを考えている⼈が、実験機能やアカウントBAN 機能を理解して、使えるようになることです。実験機能については情報が少ないですが、理解しておくとリリース後により良いゲームにすることができます。基本的な機能だけでなく、運⽤を⾒据えた使い⽅を理解したい⼈にとって、この本はぴったりです。
本書で得られること
• A/B テストの知識
• 実験の知識
• プッシュ通知の知識
• アカウントBAN の知識
対象読者
• PlayFab を使ったゲームのリリースを考えている⼈
• リリース予定はないが、知識として知っておきたい⼈
本書は、以下の知識がある前提とします。Unity やC#の説明は省き、PlayFab に特化した説明
をしています。
• Unity のビルドまわりを理解している、または⾃分で調べて進められる
• C#の基礎⽂法はひと通り覚えている
• PlayFab の基礎知識に加え、サーバー処理を理解している

【目次】
第1章 A/Bテストを知ろう
第2章 実験を使おう
第3章 プッシュ通知を使おう(iOS)
第4章 プッシュ通知を使おう(Android)
第5章 不正プレイヤーをBANしよう
第6章 おまけ

目次

まえがき
第1章 A/Bテストを知ろう
1.1 A/Bテストの基礎知識
1.2 A/Bテストが必要な理由
1.3 A/Bテストすべき項目例
1.4 A/Bテストの流れ
1.5 A/Bテストで気をつける点
第2章 実験を使おう
2.1 実験とは
2.2 実験の登録
2.3 実験の結果を見る
2.4 タイトルデータのオーバーライド
2.5 除外グループを使おう
2.6 プログラムからのアクセス
第3章 プッシュ通知を使おう(iOS)
3.1 プッシュ通知とは
3.2 事前準備
3.3 プッシュ通知テンプレートの登録
3.4 クライアント側の実装
3.5 テスト動作確認
3.6 セグメントとプッシュ通知の連携
3.7 プッシュ通知のローカライズ
3.8 サーバー処理からプッシュ通知を送る方法
3.9 プッシュ通知のONとOFF
第4章 プッシュ通知を使おう(Android)
4.1 事前準備
4.2 クライアント側の実装
4.3 動作確認
第5章 不正プレイヤーをBANしよう
5.1 BANとは
5.2 不正の検知を自動化する
5.3 ユーザーから不正や違反を報告してもらう
5.4 不正ユーザーのデータを除外する
5.5 不正ユーザーのランキングをリセットする
第6章 おまけ
6.1 APIのエラーハンドリング
付録A 参考文献
A.1 A/Bテストを知ろう
A.2 実験を使おう
A.3 プッシュ通知を使おう(iOS)
A.4 プッシュ通知を使おう(Android)
A.5 不正プレイヤーをBANしよう
A.6 おまけ
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする