セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
Pythonによる有限要素法 実装ノート
0件
1,760円 880円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 9pt
通常:
9pt

Pythonによる有限要素法 実装ノート

発売日 : 2022年2月25日
想定ページ数 : 56ページ
ISBN : 9784295600060
ダウンロード : PDF EPUB
全文検索 : 対応
本書は数値解析手法のひとつである有限要素法をPythonによって実装するための方法の解説書です。
具体的にはPythonを使って、有限要素法のメッシュ作成やソルバ実行や結果の可視化が、ライブラリを使ってできることを目指します。ただし、Pythonの基礎知識や有限要素法の理論の基礎は本書では扱いません。
本書では次のような人を対象としています。
・Pythonでデータ分析をしていて、Pythonによる有限要素法の実装について興味がある人
・上記についてフルスクラッチではなく、あくまでライブラリを使いこなしたい人
・有限要素法の入門書を読んだ人(まったくの初心者は対象外です)
・NumpyやMatplotlibのように、Pythonicに有限要素法解析と可視化をしたい人

【目次】
第1章 環境構築
第2章 1次元解析
第3章 2次元解析
第4章 3次元解析
第5章 振動解析
付録A ローカルでの環境構築⽅法

目次

はじめに
本書の目的
本書の対象読者
前提とする知識
問い合わせ先
謝辞
表記関係について
第1章 環境構築
1.1 Binderの起動
第2章 1次元解析
2.1 ばねモデル
2.2 用語の説明
2.3 GetFEMの特徴
2.4 GetFEMの実行手順
2.5 解のエクスポート
2.6 検証
2.7 PyVistaによる可視化
第3章 2次元解析
3.1 集中荷重を受けるはりのたわみ解析
3.2 モデルの定義
3.3 結果の可視化
3.4 検証
第4章 3次元解析
4.1 はりの固有値解析
4.2 モデルの定義
4.3 解のエクスポート
4.4 結果の可視化
4.5 検証
4.6 scipyによる疎行列固有値解析
第5章 振動解析
5.1 1自由度系の振動解析
5.2 Newmark-β法の追加
5.3 行列の定義
5.4 時間積分
付録A ローカルでの環境構築方法
A.1 GetFEMとPyVistaのインストール
A.2 インポートの確認
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする