セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
Swift 5.9からのデータ監視 Observationフレームワーク入門
0件
1,980円(税込)
獲得ポイント: 20pt
通常:
20pt

Swift 5.9からのデータ監視 Observationフレームワーク入門

発売日 : 2024年4月19日
想定ページ数 : 106ページ
ISBN : 9784295602729
ダウンロード : PDF EPUB
全文検索 : 対応
Observationフレームワークは、Swift 5.9において導入された革新的な技術です。このフレームワークは、Viewとデータのバインディングをオブザーバーパターンを通じて、型の安全性と高いパフォーマンスを保ちつつ、堅牢に実現します。アプリ開発において不可欠な、値の変更に伴うViewの更新をより簡潔かつ効率的に行う手段を提供します。特に、SwiftUIと組み合わせた際のデータバインディング機能は強力で、アプリ開発プロセスを大幅に簡素化します。このフレームワークは、将来的に業界標準となる可能性を秘めています。そのソースコードはオープンソースとして公開されており、アプリ開発に留まらず、サーバーサイドやApple以外のプラットフォームでの開発にも貢献するでしょう。
本書では、Observationフレームワークがどのようにして生まれ、どのような機能や特性を持つのかを詳しく解説します。読者は、このフレームワークを用いた最先端のアプリ開発手法を学ぶことができるでしょう。

【目次】
第1章 Observationフレームワーク概要
第2章 計算プロパティーを初期化する新しい方法
第3章 ObservableObjectとの比較
第4章 SwiftUIとのデータバインディング

目次

はじめに
本書の構成
対象読者
動作環境
サンプルコード
表記関係について
第1章 Observationフレームワーク概要
1.1 Observation以前の値監視
1.2 Observationフレームワークの登場
1.3 Observationフレームワークの仕組み
1.4 まとめ
第2章 計算プロパティーを初期化する新しい方法
2.1 SE-0400 Init Accessorsの導入背景
2.2 storageRestrictions属性の登場
2.3 まとめ
第3章 ObservableObjectとの比較
3.1 対象OS
3.2 オプトアウト方式とオプトイン方式
3.3 特徴が似ているところ
3.4 特徴が異なるところ
3.5 まとめ
第4章 SwiftUIとのデータバインディング
4.1 データバインディング方法
4.2 プロパティー
4.3 @State
4.4 @Environment
4.5 @Bindable
4.6 まとめ
あとがき
感想、フィードバック
謝辞
参考文献

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする