カテゴリ一覧 著者一覧
ContractS Tech Book Vol.1 ドメイン駆動で契約の未来に挑む
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

ContractS Tech Book Vol.1 ドメイン駆動で契約の未来に挑む

発売日: 2022年3月18日
想定ページ数: 76ページ
ISBN: 9784295600497
ダウンロード: PDF EPUB
契約マネジメントシステム「ContractS CLM」を提供しているContractS株式会社の開発部がお届けするTech Bookです。DDD、TDDで開発を行っており、JVM(Java、Kotlin、Groovy)でSpring Bootをメインに利用しています。ContractSの技術チャレンジについて執筆しましたのでぜひお手に取っていただければ幸いです!
【目次】
第1章 プロダクトにドメイン駆動設計を適用するために始めたこと
第2章 弁護士から見たプロダクト開発の難しさと面白さ
第3章 WebDavでWord直接編集をしてみる
第4章 TestCafeにGaugeを組み合わせてBDDできないか試してみた
第5章 TestCafeによるPage Object Patternの実装
第6章 miro Web-plugin開発コトハジメ
第7章 カジュアル面談でお話ししていることを公開します
第8章 型の力で高品質にドメインをモデリングする ー関数型DDDに向けてー

目次

はじめに
免責事項
表記関係について
第1章 プロダクトにドメイン駆動設計を適用するために始めたこと
1.1 背景と現状
1.2 まず始めたこと
1.3 戦略的モデリング
1.4 そして、戦術的な設計
1.5 採用するパターンふたつ
1.6 振り返り
1.7 まとめ
1.8 最後に
第2章 弁護士から見たプロダクト開発の難しさと面白さ
2.1 部門間の言葉の溝をなくす
2.2 フィードバックの背後にある課題を想像する
2.3 課題を理解するために、まずはユーザーを理解する
2.4 補論:弁護士業務との近似性
2.5 今後の目標
第3章 WebDavでWord直接編集をしてみる
3.1 環境
3.2 TomcatでWebDavを起動させる
3.3 ブラウザからアクセス
3.4 まとめ
第4章 TestCafeにGaugeを組み合わせてBDDできないか試してみた
4.1 実行環境
4.2 なぜTestCafe単体ではなく、Gaugeと組み合わせようと思ったのか
4.3 環境構築
4.4 実装
4.5 テスト仕様の追加
4.6 感想
4.7 TestCafeでBDDするための代替手段
4.8 総括
第5章 TestCafeによるPage Object Patternの実装
5.1 実行環境
5.2 Page Object Patternの概要
5.3 TestCafeにおけるPage Object Patternの実装
第6章 miro Web-plugin開発コトハジメ
6.1 Miro API & SDK
6.2 本章の想定読者
6.3 Web-pluginハンズオン
6.4 時間集計アプリ
6.5 他のユーザーへの共有
6.6 miroの公式サンプル
6.7 まとめ
第7章 カジュアル面談でお話ししていることを公開します
7.1 会社/プロダクト紹介
7.2 開発組織/開発環境紹介
7.3 おわりに
第8章 型の力で高品質にドメインをモデリングする ー関数型DDDに向けてー
8.1 型の恩恵
8.2 型と関数に関する基本概念
8.3 代数的データ型と型の合成
8.4 関数型ドメイン駆動設計のアプローチ
8.5 型でドメインモデルを構築する
8.6 型でビジネスルールを表現する
8.7 型で不正な状態を表現できないようにする
8.8 リファインメント型でさらに不正な状態を表現できないようにする
8.9 まとめ

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする