カテゴリ一覧 著者一覧
技術と法律2018
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

技術と法律2018

発売日: 2019年4月5日
想定ページ数: 62ページ
ISBN: 9784844396871
ダウンロード: PDF EPUB
【最新テクノロジーの論点を法律の側面から解説!最新版発行!】

本書はテクノロジーの最新テーマを法律の側面から専門家が解説した寄稿集の第二弾です。IoT特許やブロックチェーン、裁判のIT化など、「技術」と「法律」の関わりについて最新の内容を気鋭の専門家が論じています。
【目次】
・オープンデータ公開リクエストやってみた
・法制度改正と特許出願
・裁判のIT化
・強いIoT特許を取得するには?
・ブロックチェーン技術の不動産登記への適用
・あなたは自社製品に意図的に組み込まれた「脆弱性」情報をIPAに報告すべきか? 
・ソフトウェア開発・システム構築と個人情報保護法制の邂逅
・技術発展と共に発展する法律
・法律が追いついていないと思うときの考え方と対応─酒税を題材に

目次

はじめに

オープンデータ公開リクエストやってみた

はじめに
なぜ固定資産用の航空写真か
情報公開請求とオープンデータの違い
今回のリクエストを通して得たかったこと
リクエストの途中経過
結論と進展

法制度改正と特許出願

はじめに
法制度改正と新しい特許出願の例
まとめと提言

裁判のIT化

はじめに
現行法の状況と改善の方法
裁判のIT化の大きな柱─3つのe
e提出
まとめ

強いIoT特許を取得するには?

はじめに
IoT特許事例から考える
まとめ

ブロックチェーン技術の不動産登記への適用

ブロックチェーン技術への注目とその応用
ブロックチェーンの性質と機能
不動産登記へのブロックチェーンの適用と課題
まとめ

あなたは自社製品に意図的に組み込まれた「脆弱性」情報をIPAに報告すべきか? 

はじめに
なぜ通報先がIPAなのか
自社製品の脆弱性
早期警戒PSと自社製品の脆弱性
公益通報

ソフトウェア開発・システム構築と個人情報保護法制の邂逅

はじめに
個人情報保護法
GDPR
日本と欧州でサービス提供を行う場合
その他
結びに代えて

技術発展と共に発展する法律

技術が発展すると法律も発展する
著作権法第30条1項1号のおもしろさ
権利制限の条項である
法律の制定過程
出版業界との落としどころ

法律が追いついていないと思うときの考え方と対応─酒税を題材に

はじめに
そもそも今の時代、お酒に何が起こっているのか
ではお酒が造りたい場合、どのような可能性があるか。
なぜ今回酒税法を題材としたか
まとめ

あとがき

執筆者紹介

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする