カテゴリ一覧 著者一覧
黄門様ゆかりの小石川後楽園博物誌 天下の名園を楽しむ
0件
3,565円(税込)
獲得ポイント: 36pt
通常:
36pt

黄門様ゆかりの小石川後楽園博物誌 天下の名園を楽しむ

発売日 : 2016年11月1日
ISBN : 9784867760994
全文検索 : 非対応
天下の副将軍・水戸光圀公ゆかりの大名庭園で、国の特別史跡・特別名勝に指定されている小石川後楽園の歴史と魅力を、都市計画者がたっぷり紹介。季節で様々な顔を見せる、物語あるミュージアムとしての庭園めぐりが愉しめる。

目次

はじめに
第一章 知られざる天下の名園
一、特別史跡・特別名勝 二つの指定
二、何故、小石川後楽園はあまり知られていないのか
  • (一)明治維新による江戸文化の抹殺
  • (二)戦後の偏向教育による弊害
  • (三)東京という大都会なるが故の弊害
  • (四)管理体制上の問題
  • (五)マスコミの偏った番組構成
  • (六)立地的弊害
三、ふるさと意識の大事さ
  • 【日本人であることの自覚】
  • 【後楽園が作庭された江戸時代を知ること】
第二章 小石川後楽園のあらまし
一、現状
  • (一)後楽園の特徴
  • (二)東京都の管理 (民間指定管理者に委託管理)
  • (三)公益財団法人東京都公園協会
  • (四)明治維新後都立公園に至る経緯
  • (五)指定管理者制度
  • (六)公益財団法人 東京都公園協会が管理運営している他の庭園
二、「公園」と「庭園」
第三章 作庭地域・土地(柄)背景
一、江戸という地域特性
二、水戸藩邸の明治以降の土地利用の変遷
  • (一)維新後の水戸藩邸の変遷
  • (二)東京砲兵工廠
第四章 作庭時期・時代背景
一、江戸時代初期
  • (一)家康入城前の江戸城
  • (二)家康入城後の居城づくり
  • (三)天下普請
二、江戸の教育施設
  • (一)昌平坂学問所
  • (二)藩校
  • (三)私塾
  • (四)寺子屋
三、江戸幕府を築いた将軍(徳川家康・秀忠・家光)
  • (一)徳川家康(一五四二年~一六一六年)
  • (二)徳川秀忠(一五七九年~一六三二年)
  • (三)徳川家光(一六〇四年~一六五一年)
  • (四)御三家誕生の背景
  • (一)初代水戸藩主徳川賴房(一六〇三年~一六六一年)
  • (二)二代水戸藩主徳川光圀(一六二八~一七〇〇年)
  • (三)朱舜水(一六〇〇年~一六八二年)
五、後楽園を継承してきた歴代の水戸藩主
  • (一)三代藩主綱條(つなえだ)(一六五六年~一七一八年)粛公
  • (二)四代藩主宗堯(むねたか)(一七〇五年~一七三〇年)成公
  • (三)五代藩主宗翰(むねもと)(一七二八年~一七六六年)良公
  • (四)六代藩主治保(はるもり)(一七五一年~一八〇五年)文公
  • (五)七代藩主治紀(はるとし)(一七七三年~一八一六年)武公
  • (六)八代藩主斉脩(なりのぶ)(一七九七~一八二九年)享公
  • (七)九代藩主斉昭(なりあき)(一八〇〇年~一八六〇年)烈公
  • (八)十代藩主慶篤(よしあつ)(一八三二年~一八六八年)順公
  • (九)十一代藩主昭武(あきたけ)(一八五三年~一九一〇年)節公
第五章 日本庭園の歴史・変遷
一、庭が造られるまでの通史
  • (一)人類の誕生そして大移動
  • (二)日本に人類移動・定住
  • (三)住宅の発生
  • (四) 原始信仰(アニミズム・自然崇拝)常世思想等の芽生え・庭園の形成
  • (五)集落内での役割分担
  • (六)支配層・貴族の発生
  • (七)集落の統合化
  • (八)住宅の発展と住宅以外の建造物の出現
  • (九)庭園の曙
二、日本庭園の変遷・歴史
  • (一)古代
  • (二)中世
  • (三)近世
  • (四)近代
第六章 もてなしの空間・大名庭園
一、大名屋敷の機能、広さ・構造、上・中・下屋敷
二、 江戸での大名の生活、幕府での役割
三、水戸屋敷(何回もの火災による焼失)
四、江戸時代の大名庭園の特色
五、庭園と茶の湯文化
  • (一)庭園と建造物
  • (二)茶の湯文化
  • (三)私の抱く茶の湯の文化
  • (四)庭園と茶の湯
  • (五)水戸藩での茶の湯
六、庭園と能・能舞台
  • (一)能に関する私見
  • (二)能の由来
  • (三)庭園と能 ・接待用の空間
  • (四)能舞台
  • (五)能面
第七章 小石川後楽園鑑賞
二、後楽園巡り(鑑賞)・景観雑感
一、任意団体として設立(後楽園南側の超高層ビル計画反対条件闘争を機に)
二、庭園周辺での建設計画に対する事前説明会について
三、国有地払い下げ阻止対策
四、 特定非営利活動法人の設立
  • (一)設立主旨書
  • (二)設立認証申請
五、 江戸東京開府四〇〇年記念事業に参加
  • (一)大名庭園民間交流協議会の設立経緯
  • (二)大名庭園民間交流協議会の開催
七、その他の活動
  • (一)紅葉祭・梅祭へのイベント参加
  • (二)研修会の開催
  • (三)失なわれた施設の復元要請活動
  • (四)庭園を中心としたまちづくりの推進活動
  • (五)神田川活性化の提案
  • (六)会報及び広報誌の発行
八、その後の活動
  • (一)大名庭園民間交流協議会
  • (二)研修会の開催
参考資料
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする