セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
好感度アップの66の法則
0件
1,430円(税込)
獲得ポイント: 14pt
通常:
14pt

好感度アップの66の法則

発売日 : 2009年5月1日
想定ページ数 : 220ページ
ISBN : 9784887597143
全文検索 : 非対応
人は出会って2、3秒で無意識のうちに相手の印象を決めてしまう。

こんな恐ろしいデータが物語るように、面接や職場や人間関係、恋愛まで
第一印象の好感度で人生が左右されるといっても過言ではありません。

その「好感度」が残酷なほどすべてを決めるのが、マスコミ、とりわけアナウンサーの世界。
80歳のおばあちゃまから5歳のお子様まで、老若男女に好かれなければ仕事にならないのが現実です。
例えば、とびきりの美人だから、人気アナウンサーになれるとはかぎりません。
お茶の間の好感度がすべてのため、美しすぎることは時として諸刃の剣に。
むしろ美しいがゆえに高飛車なイメージが強く、仕事を干されるアナウンサーもいれば、
美人ではなくても引っぱりだこのアナウンサーもいます。

それはひとえに、好感度の差なのです。

この本では、アナウンサーが失敗を繰り返しながら体得してきた
「初対面で好感を持ってもらうため」の技術を“テクニック”として紹介します。

「足は時計の12時と10時にそろえて立つ」「ヒールは5センチまで」
「プロのスピーチ術“マリョク”を使う」「プロのスピーチ術“3つの輪”で話す」
「断るときは肯定サンドイッチで」「5秒でメニューを決める」等々、
66のルールを現役アナウンサーが初公開。

瞬時に相手に好感を持ってもらうためには、ある程度の技術やテクニックは必要です。
商談や面接など人生を左右する重要な場面で、
人間関係や恋愛などプライベートなシーンで、ぜひ活用してください。

※本書は2013年5月に刊行された「1週間で知的で品があって親しみやすい美人に見せる方法」の旧版となります。

目次

はじめに
1姿勢編
背筋をピンと伸ばす
デコルテを張る
足を時計の12時と10時にそろえて立つ
信号待ちでもだらけない
立つときは、手を重ねて
ヒールは5センチまで
斜め30度に足をそろえて座る
足を組まない
2 外見編
顔に髪がかからないヘアスタイルにする
髪をかきあげない
朝5分、小顔エクササイズをする
口角を上げて運を呼び込む
2カ月に一度はデンタルチェック
流し目をしない
アイメークで印象づける
美しい写真の撮られ方
枕をしない
ベストカラーを知る
歯を磨きながらスクワット
チャンスをつかむ歩き方
3 発声編
まずは腹式呼吸から
おなかから声を出す
低音で話す
おふろで歌う
一音一音ハッキリ話す
毎日腹筋30回
4 会話編
話さず、うなずく
「私は」でなく「あなたは」
くり返す
引き出しをたくさん持つ
お酒を飲んでも飲まれない
プロのスピーチ術① 絵を描くように話す
プロのスピーチ術②〝間力〟を使う
プロのスピーチ術③ 〝3つの輪〟で話す
引き算で会話する
語尾を伸ばさない
若者言葉を使わない
ベストトライアングルを見つめて話す
5 マナー編
あいさつに命をかける
人より先にあいさつする
出会った人の数だけお礼状を書く
贈り物に一筆添える
手みやげリストを持つ
時間にぜったい遅れない
人と会う時は携帯電話に出ない
お手洗いでは洗面台を拭く
お手洗いが早い
人の名前を忘れない
断る時は、肯定サンドイッチで
知ったかぶりをしない
6 持ち物編
お気に入りのペンを持つ
本物を身につける
揺れるピアスはしない
社内バッグにこだわる
3つのポーチでバッグを整理する
バッグには、本とメモ帳
ポケットには、チョコレート
日経新聞を読む
出会いを運ぶ、おしゃれ部屋着
7 内面編
アホになれる
ぶりっこしない
思いきり笑う
お一人さま上手である
くさらない
こっそり習い事をする
5秒でメニューを決める
おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする