カテゴリ一覧 著者一覧
アイデンティティはだれのもの? Hyperledger Indy & Ariesで実現する分散アイデンティティ
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

アイデンティティはだれのもの? Hyperledger Indy & Ariesで実現する分散アイデンティティ

発売日: 2021年5月28日
想定ページ数: 98ページ
ISBN: 9784844379447
ダウンロード: PDF EPUB
ブロックチェーンHyperledgerとは、エンタープライズ向けブロックチェーンとして世界有数のコミュニティーです。IBMやアクセンチュア、マイクロソフトなどの大企業が参加しており、Linuxファウンデーションがサポートしています。本書はこのコミュニティーのフレームワークとライブラリのひとつであり、分散型アイデンティティ(Self-Sovereign Identity:SSI)を実現する「Hyperledger Indy」の日本初の解説書です。前半では、分散型アイデンティティどのような背景で生まれ、どのような問題を解決しているのかをやさしく解説しています。後半では、Hyperledger Indyと、その中からクライアント機能を切り出した「Hyperledger Aries」を使った学歴証明デモアプリケーションを使って、手を動かしながら分散型アイデンティティを学ぶことができます。

【目次】
第1章 デジタルアイデンティティの歴史
第2章 Self-Sovereign Identityとは
第3章 ユースケース ― 学位証明
第4章 Self-Sovereign Identityのコアコンポーネント
第5章 デモ
第6章 プロセス解説
第7章 Aries Protocol

目次

はじめに

Identity旅団とは
本書の内容について
本書はこんな人におすすめです
お問い合わせ先
免責事項

第1章 デジタルアイデンティティの歴史

1.1 Isolated Identity ― 分離されたアイデンティティ
1.2 Centralized Identity ― 中央集権化されたアイデンティティ
1.3 Federated Identity ― 連合化されたアイデンティティ
1.4 User-Centric Identity ― ユーザー中心アイデンティティ
1.5 Self-Sovereign Identity ― 自己主権アイデンティティ
1.6 まとめ

第2章 Self-Sovereign Identityとは

2.1 Self-Sovereign Identityの登場
2.2 Self-Sovereign Identityの10原則
2.3 Self-Sovereign Identityの現在
2.4 Self-Sovereign Identityを実現する構成要素

第3章 ユースケース ― 学位証明

3.1 従来の学位証明の課題
3.2 SSIを使った学位証明の解決

第4章 Self-Sovereign Identityのコアコンポーネント

4.1 DID
4.2 DID Document
4.3 Verifiable Credentials

第5章 デモ

5.1 Hyperledger Indy, Aries, Ursa
5.2 デモの実行

第6章 プロセス解説

6.1 Aries Agentのアーキテクチャ
6.2 コネクションの確立
6.3 Agent間のBasicメッセージング
6.4 Credentialを発行する準備
6.5 Credentialの発行
6.6 Proofの要求および提示

第7章 Aries Protocol

7.1 DID Peer
7.2 Basic Message Protocol
7.3 Issue Credential Protocol
7.4 Present Proof Protocol

終わりに

コンセプトや全体像をもっと把握したい
なぜブロックチェーンなのかをもう少し知りたい
技術仕様の一覧を見たい
DIDをもっと知りたい
Verifiable Credentialsをもっと知りたい

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする