セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
テレビが映し出した平成という時代
0件
1,210円 605円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 6pt
通常:
6pt

テレビが映し出した平成という時代

発売日 : 2019年2月22日
想定ページ数 : 240ページ
ISBN : 9784799324295
全文検索 : 非対応
「平成」とはどんな時代だったのか?トレンディドラマ誕生、報道番組の変化、フジテレビの
栄光と没落、テレ東の独自路線まで、民放テレビ番組を通して、今こそ平成を振り返る!

目次

はじめに
第1章 ドラマ/アニメ
トレンディードラマはなぜ誕生したか?
  • 大御所脚本家に振り向いてもらえないフジテレビ
  • 脚本家ありきではなくプロデューサー主導の時代へ
  • バブル期の人々の心を反映した「君の瞳をタイホする!」
  • バブル絶頂期に変わった視聴者、純愛路線に転換
  • 「やれるものならやってみろ」のチャレンジ精神
時代と共振したフジ・大多亮氏の7年間
  • 脚本にも監督にも口を出す「新しいプロデューサー」の時代
  • 社会現象になった「東京ラブストーリー」
  • 「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」 ……手がけるドラマが次々ヒット
  • 自分はおもしろいと思わないのに視聴率が取れるジレンマ
  • キャスティング優先、当て書きの脚本…… プロデューサー強権の功罪
フジテレビ「月9」という神話
  • 木村拓哉と筒井道隆の役柄を入れ替えた「あすなろ白書」
  • せりふに「好き」を使わないラブストーリー「ロングバケーション」
  • 「踊る大捜査線」でトレンディードラマと決別
  • 視聴率三冠王奪還を期待されトップに
  • 月9不要論も。変化を迫られるフジテレビ
「北の国から」が続いた秘訣と終わった理由
  • 予算は通常の倍、社運をかけたドラマ「北の国から」
  • 続編も好調、フジテレビを代表するドラマに
  • 「一生、黒板純でいたくない」と吉岡秀隆
  • 東京へ移った地方出身者が熱心に見た?
新しい家族像を描いた「Mother」「Woman」と「逃げ恥」
  • 現代の悲劇を描くことにこだわった「Mother」
  • 貧しさのリアリティーを正面からとらえた「Woman」
  • 多様な人生を描いた「逃げるは恥だが役に立つ」
TBSに勢いを与えたドラマ「JIN」
  • 老舗放送局の信頼失墜と視聴率低迷
  • TBS復活の狼煙となったドラマ「JIN―仁―」
  • あこがれの亀山千広からの激励
  • 質と企画にこだわる「ドラマのTBS」の底力
視聴率を狙わないWOWOWドラマの力
  • 「発掘!あるある大事典Ⅱ」データ捏造事件
  • 中核の40~60代をメインターゲットにした「ドラマW」
  • 「加入者から前金をもらっている」という緊張感
ポケモンで始まったテレ東アニメ戦略
  • アニメで「子どもに夢を、会社に金を」
  • 大ヒットとなった「エヴァンゲリオン」と「ポケモン」
インタビュー01 和田竜さん(作家/泉放送制作元スタッフ) 「単純にすればいいのか」
第2章 バラエティ
若者を熱狂させたフジの深夜番組が消えたわけ
  • 若手の「深夜の編成部長」から生まれた「カノッサの屈辱」
  • 「オタク=悪」に反発した「カルトQ」
  • 視聴率三冠王に甘んじないチャレンジ
  • 徹底した革新路線と「エセ教養主義」
  • 土曜午前2時からスタートした「夢で逢えたら」
  • メジャーになった「深夜番組」は「普通の番組」に
「探偵!ナイトスクープ」の三つの発明
  • 作り手が一緒にバカになる番組
  • ナレーションを一切入れず
  • 聞き取りにくいせりふの補足から生まれた「テロップ」
  • たけしら「お笑いの天才」が出現しなかった平成時代
前例ないおもしろさ求めた「イッテQ」の登山
  • 予定調和のない大自然が視聴者を引きつける
  • 知名度のないタレントだからこそ新鮮さがある
  • チャレンジ精神がオンリーワンを生む
固定観念排し「水曜どうでしょう」は成功
  • 行きたい場所へ行き、運任せのロケ
  • 疲弊したら番組を休止したっていい
  • DVDの売上累計は180億円
インタビュー02 大場吾郎さん(佛教大学教授/日本テレビ元ディレクター) 「番組の海外展開の潮流」
第3章 ニュース/スポーツ/ドキュメンタリー
報道を黒字にした「ニュースステーション」
  • 「中学生にもわかるニュース番組」を作る
  • 巨人ファンからのクレーム電話に手ごたえ
  • 国内外の大ニュースに右肩上がりの高視聴率
  • すべてのコメントが久米宏の独断だった
  • 「ニュースステーション」に訪れた3度の危機
経済ニュース番組を切り拓いた「WBS」
  • 「超マジメ」国内初の本格経済ニュース番組
  • 先進的だった日・英・米の株式市場を結ぶ国際中継
  • キャスター小池百合子、政界への転身
消えた政治討論「サンプロ」「時事放談」
  • 3人の首相を辞めさせた伝説の番組
  • 官房機密費「断られたのは田原総一朗さん1人」
  • 安倍1強で自民党内から消えた政治家同士の激論
  • 政治に物申す「テレビ元老」とともに消えた「時事放談」
少数意見と真実発掘のドキュメンタリー
  • 「絶対放送させない」と反対した社長
  • BPOの意見書で風向きが変わる
  • 映画化、「さよならテレビ」という新たな挑戦
  • テレビ報道で冤罪が証明された「足利事件」
  • 17年半も自由を奪われた末の無罪、釈放
  • 「小さな声を聞け」を原則とした取材
  • 論争が絶えない「南京事件」に取り組む
車窓や職人技に焦点をあてる
  • 撮影はぶっつけ本番、30余年で106カ国へ
  • 「人間との出会いが番組の魅力」
  • インバウンドブームに乗って視聴率を伸ばした「和風総本家」
他局が目を向けない競技を開拓したテレ東
  • 岡田武史や井原正巳らサッカー少年が熱中
  • 74年W杯西ドイツ大会では国内初の決勝戦を中継
  • Jリーグ開幕と「ドーハの悲劇」
インタビュー03 目加田説子さん(中央大学教授/フジテレビ元記者・ディレクター) 「波風を立てない報道が増えた」
インタビュー04 河合薫さん(健康社会学者/気象予報士としてテレビ朝日「ニュースステーション」に出演) 「番組存在の軸が見えない」
おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする