セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
親ともめずにできる これがリアルな実家の片づけです。
0件
1,540円(税込)
獲得ポイント: 15pt
通常:
15pt

親ともめずにできる これがリアルな実家の片づけです。

発売日 : 2015年10月22日
想定ページ数 : 224ページ
ISBN : 9784799317815
全文検索 : 非対応
実家の片づけをしようとしたとき、一番多く起こる問題は、親と衝突することです。それは、子が親のモノを捨てようとするからです。
 その結果、コミュニケーションが断ち切られ、親の死後にとっておくべき大切なモノがわからず、片づけることができずにそのまま「空き家」化するというケースがよくあります。
 リアルな実家の片づけで最も大事なのは、親が大切にしているモノが何なのかを聞いておくことなのです。

 1650件の遺品整理をおこなった専門家が、豊富な体験をもとに、これまで誰も書かなかった「リアルな実家の片づけ」の秘訣を惜しみなく公開します。

目次

はじめに
1章 実家を片づけられる人、片づけられない人
1 自分の家の片づけと、実家の片づけの違い
  • 自分のモノなら片づけられる
  • 他者のモノは、何を基準に片づければいいのかわからない
  • 遺品になったとたんに、親のモノは片づけられなくなる
2 残しておく1パーセントを見極める
  • 残すモノは1パーセント。99パーセントは捨てるモノ
  • 100冊のアルバムから1冊を選ぶように
  • モノの量にフォーカスすると捨てられない
3 まずどこから手をつければよいのか
  • 実家を放置したくなる、子どもの心理とは
  • まず自分の部屋から片づける
  • 安全面から、床の上にモノは置かない
4 なぜ実家にはたくさんのモノがあるのか
  • ついモノが増えてしまう親の心理と事情
  • 慣れ親しんだ使い勝手のよさ
  • 長年の習慣は簡単には変えられない
  • 「モノを粗末にしない」というしつけ
  • 豊かな時代の象徴と思い出
  • モノ不足の経験と親の衰え
2章 生前整理は、親から子への引き継ぎに徹する
1 親が生きているうちにしておきたいこと
  • 生前整理でモノを捨てる必要はない
  • 親は子どもの価値観を押しつけられると反発する
  • 生前に思い出のモノを親から引きはがす必要はない
  • 生前のコミュニケーションは、親からの引き継ぎ
2 モノの引き継ぎは昔話を聞くこと
  • 引き継ぎをしていないと罪悪感が生まれる
  • 親にとって思い入れのあったモノを残すためには?
3 財産の引き継ぎは「相談」で
  • 親の財産はどこに、どれだけあるのか
  • 財産の保管場所を聞き出す魔法のことば
4 気持ちの引き継ぎは心の切り替え
  • 気持ちの引き継ぎができていないと実家の片づけに着手できない
  • 親自身はどんな葬儀を希望しているのか?
  • せめてモノの引き継ぎがしてあれば気持ちの整理がつく
5 人間関係の引き継ぎは、まったなし
  • 緊急連絡先を聞いておく
  • キーマンを押さえる
  • 親の住所録はどこにあるか
6 建物の引き継ぎで空き家にしない
  • 売るのか、貸すのか、住むのか
  • 住んでいなくても維持にはコストが発生する
  • 建物の引き継ぎは空き家問題に直接かかわる
3章 実家の片づけができず、増える「空き家問題」
1 増え続けている空き家
  • 放置された実家が空き家になる
  • 全面施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」
2 空き家が抱える問題【安全面から】
  • 屋根から落ちてきそうなテレビアンテナ
  • 持ち主が気づかない危険が潜んでいる
  • 古い家屋には耐震性の問題がある
3 空き家が抱える問題【治安面から】
  • ゴミがゴミを呼び不法投棄の温床に
  • 不審火の火元になる危険
  • 泥棒に入られる、泥棒の物置にされる
4 空き家が抱える問題【資産価値の面から】
  • 手入れをしていない空き家があると地価が下がる?
  • 更地にする、リフォームするという選択もある
5 ご近所は空き家をこう見ている
  • 持ち主が思っている以上に、ご近所は空き家を気にしている
  • 空き家にせざるをえなかった背景は伝わらない
  • 実家を空き家にして、いいことは何もない
4章 プロが見た、空き家のままの実家のリアルな現場
1 老人ホームに入居中の空き家
  • 空き家の持ち主はホームにいる親のまま
  • いつかホームから帰ってくるかもしれないという思い
2 実家を空き家にしておきたい遺族の心理
  • 自分が育った実家への愛着
  • 実家の建物そのものにも思い出がある
  • 近くに住んでいても実家は空き家になる
3 賃貸物件も空き家になることがある
  • 空き家でも家賃は発生する
  • 空き巣に2度入られた賃貸の空き家
  • モノであふれていた認知症の母の部屋
4 親が健在でも空き家になることがある
  • 親が娘の家に同居する
  • 高齢者の引っ越しは慎重に
5 実家を空き家にする、片づけられないモノ
  • 専門的な研究資料は価値がわからない
  • 処分に困ったセミプロ画家の作品
6 親と離れて暮らす長男長女の事情
  • 遠方から空き家の実家に通う遺族もいる
  • 長男長女が責任を感じてしまう
7 義理の兄弟姉妹は、案外冷静な視点をもっている
  • 義弟の気遣いで空き家トラブルがなくなった
  • 空き家の実態を知っているからメンテナンスを続けた
8 亡くなる本人が生前整理をした事例
  • 自ら理想的な生前整理をした大学教授
  • 余命を知って、残す1パーセントを自ら決めた男性
  • 誰にも迷惑をかけまいとした生前整理
5章 プロしか知らない、リアルな実家の片づけ実践ノウハウ
1 何年も空き家にしている実家の片づけの段取り
  • まずご近所にあいさつ、そして水道、電気の復旧
  • はじめは玄関、次に床回り、自分の部屋
  • スペースをつくることを意識する
  • 大きな家具をカラにしてどかしてしまう
  • 家の中が片づいていないと、建物の解体工事はできない
2 実家の片づけで起きるかもしれない危険
  • 注射針やガラスに注意
  • 転倒、落下の危険
3 捨ててはいけない大事なモノを見落とさない方法
  • なぜ家の中に現金を置くのかという理由から考える
  • ていねいな業者でも100パーセントはない
4 遺品整理業者とのトラブルとは
  • 料金と納期に関するトラブル
  • 捨てないでくれと頼んだモノを捨てられた
5 業者を選ぶ際に注意する点
  • 捨てるだけなのか、すべてチェックするのか
  • 人の手間をどれだけかけるかで料金とスケジュールが決まる
  • 遺品整理業は生と死の中間に立つ仕事
おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする