セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則
0件
1,320円 660円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 7pt
通常:
7pt

最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則

発売日 : 2021年8月20日
ISBN : 9784799327746
全文検索 : 近日対応
なぜ、ある商品が急に話題になるのか?
なぜ、歓迎される情報と拒絶される情報の「差」が生まれるのか?
なぜ、「リバイバルブーム」は起こるのか?
どうすれば、人の行動は変わるのか?

「商品力」や「宣伝力」だけでは、もはや人は動かない。

戦略PRの第一人者であり、現在も最前線で活躍する著者が、
国内外の最新事例を交えながら、そのフレームワークを解き明かす。


PRとは「世の中を舞台にした情報戦略」です。

一方で、近年時代の移り変わりが早くなり、
トレンドや社会文脈は目まぐるしく変わっています。

また価値観も多様化するなかで、
企業としての存在意義(パーパス)が問われる時代にもなっています。

このような「不確実性の高い時代」においては、
社会と企業をつなぐPRが重要な役割を担います。

本書ではPRの6つの法則として、
①社会性を担保する「おおやけ」
②偶然性を演出する「ばったり」
③信頼性を確保する「おすみつき」
④普遍性の視座である「そもそも」
⑤当事者性を醸成する「しみじみ」
⑥機知性を発揮する「かけてとく」を解説。

複雑で変化の早い時代においても、
企業が社会と正しくコミュニケーションをとり、
世の中を動かすためのPRの法則について解き明かします。

☞社会常識に挑み、「買う理由」をつくる6つの法則
1 おおやけ→「社会性」の担保
社会課題解決をめざす「ソーシャルグッド」の潮流
2 ばったり→「偶然性」の演出
コンテンツが演出する偶発的な「セレンディピティ」
3 おすみつき→「信頼性」の確保
多様化する「インフルエンサー」の影響力
4 そもそも→「普遍性」の視座
「よくぞ言ってくれた」を引き出す本質的な価値転換
5 しみじみ→「当事者性」の醸成
「自分ゴト化」させ感情に訴えるストーリーテリング
6 かけてとく→「機知性」の発揮
PRクリエイティビティの真髄は「とんち」にある

※本書はロングセラー『戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則』の改訂版です。

目次

序文 最新版の発刊にあたって
はじめに
序章 社会常識に挑み、「買う理由」をつくる戦略PR
「買う理由」の代理戦争
「いい○○」の社会常識を変える
「属性順位転換」を意図的に仕掛ける
「いいベビーカーとは」の常識に挑んだピジョン
PRはあなたが戦う「土俵」をつくる
第1章 戦略PRは空気づくり
戦略PRは空気づくり
そもそもPRって?
PRは「ステマ」なのか?
ソーシャルメディアの浸透で細分化する「空気」
「空気をつくる」から「関心を料理する」へ
戦略PRをやるべき3つの理由
第2章 人を動かす「社会関心のレシピ」
PRの究極目的はビヘイビアチェンジ
PRのピラミッド
冷凍食品は「手抜き」ではなく「手間抜き」
社会関心は「みんなの気になる」
「関心テーマ」のフレームワーク
社会関心を「料理」する方法
第3章 これが世界のPRだ
PRが苦手な国・日本
これが世界を動かすPR会社だ
グローバルPR会社での20年
PR作品が5倍になった世界最大の広告祭カンヌライオンズ
パブリシティは「歯磨き」と一緒?
戦略PRの6つの要素
対談 嶋浩一郎×本田哲也 PRにこそ、もっとクリエイティビティを!
第4章 「おおやけ」の要素 ― 「社会性」の担保
「ソーシャルグッド」の潮流
家事をしないインドのお父さん―150万人の父親を動かしたP&Gの戦略PR
米国の農家を有機農法へ移行させたビール会社の施策
グローバルおおやけとローカルおおやけ―社会インサイト
ソリューションの有言実行
スウェーデン人の理想の家
新たな「おおやけ」の出現―ビッグデータからストーリーをつくる
「おおやけ」を使いこなす
第5章 「ばったり」の要素 ― 「偶然性」の演出
人は偶然に惹かれる
ばったりエフェクトとは?
なぜ、ニュージーランドのNPOは犬にクルマを運転させたのか?
動画と分散型メディア
自動車事故にあっても生存できる唯一の人類
ポケモンGOとランニングブーム―「リアルばったり」の積み重ねがつくるムーブメント
「ばったり」を使いこなす
第6章 「おすみつき」の要素 ― 「信頼性」の確保
将軍さまとインスタグラマー
サムスンと専門医が連携した自閉症児童治療支援アプリ
「事実のおすみつき」と「共感のおすみつき」
30人のインフルエンサーを起用したユニクロの「UT Picks」
マイクロインフルエンサーの時代?
ブラジルの化粧品メーカーがタトゥーアーティストと仕事をする理由
インフルエンサー活用のクリエイティビティ
憧れのインスタグラマーの正体は?―世界に衝撃を与えた啓発キャンペーン
インフルエンサーの「発信文脈」
「おすみつき」を使いこなす
第7章 「そもそも」の要素 ― 「普遍性」の視座
「そもそも」が変える空気
世界が賞賛したPRの最高峰―「Always #LikeAGirl」キャンペーン
「みんながそう思っていること」は意外に表面化していない
#この髪どうしてダメですか
リバイバルブームはなぜ起こる?―「写ルンです」が求められる周期
「そもそも」を使いこなす
第8章 「しみじみ」の要素 ― 「当事者性」の醸成
「しみじみ」しないと人は動かない
フィリップスが結成した呼吸器疾患患者のコーラス隊
「物語」が最強である―ストーリーテリングの時代
自己投影とナラティブアプローチ
ワークブーツの老舗レッド・ウィングの「#LABORDAYON」キャンペーン
「N=1」のパワー
インサイトとは「生活者の(潜在的な)本音」
「しみじみ」を使いこなす
第9章 「かけてとく」の要素 ― 「機知性」の発揮
PRを極めれば「一休さん」にたどりつく?
屋外広告にカビだらけのハンバーガー!?―バーガーキングの奇抜な施策の狙いとは
「やられた感エフェクト」がもたらすもの
反トランプなら米国に行こう!―ロイヤル・ヨルダン航空のディスカウントキャンペーン
PRに求められる「とんちクリエイティブ」
「かけてとく」を使いこなす
終章 世界を動かすPR
「日本発」で動かす
「世界が買う理由」をつくる
「関心テーマ」のフレームを応用する
「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた日本人女性
メディアがメディアを呼ぶ現象
「片づけ」の行動変容が起こった
こんまりの「魔法」はなぜ世界を動かすことができたのか?
日本企業は強みを「翻訳」し、世界の「関心」につなげよ
PRは世界のムードメーカー
おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする