セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
イザ再就職!熱さこそ就活成功のカギ
0件
1,650円(税込)
獲得ポイント: 17pt
通常:
17pt

イザ再就職!熱さこそ就活成功のカギ

発売日 : 2013年4月1日
ISBN : 9784864270816
全文検索 : 非対応
従来のマニュアル本とは一線を画し、ノウハウに加えて心のあり方にホットな視線をあて、就活窓口からの生きた情報・助言もいっぱい。
(※本書は2013/4/1に発売し、2022/1/27に電子化をいたしました)

目次

プロローグ
挫折山の登り方
就活に対する前向きの心が大切
真の「就活力」を身につけていただくために
ハローワーク窓口から「はじめのことば」
苦難に負けず、心豊かに生きる力を持ちたい
個性があれば仕事探しは出来る
「就活力」って何だろうか
1「転職」で学ぶキャリアの織り方
  • 適職を模索して転職をくりかえしたころ
  • 転職した業界で自らの成長を実感
  • 転職は、自分と向かい合うチャンス
  • やらなくて後悔するより、やって挫折したほうが多くを学ぶ
2 自分にとっての成功とは何か? 就活では?
  • 『成功とはなんですか?』
  • 内的キャリアにおける成功、外的キャリアにおける成功
  • A社を選ぶか、B社か、C社か
「就活力」の原点となるもの
1 面接で心を語れ
  • 立て板に水は、人の心を打たない
  • 想いをシンプルに伝える
  • 志や想いを整理して準備しておく
  • 面接官の心に響く言葉を考えて
2 自分の力を磨く方法
  • 書類選考で落ちるのは、悔やまない
  • 面接で落ちるのは、自分の魅力が不足していたから
  • 仕事をすることは人と逢うこと、それがあなたを成長させる
  • 日々、魅力的な人間になろうと努力する
3 面接で重視される「意欲」について
  • 面接では、能力と意欲と人柄を見る
  • 特に面接官が弱いのは「意欲」
  • 誇れることを一つだけにしぼって語る
  • 意欲の裏には「夢」がある
  • どんな仕事でも「自分らしくこなして」こそ
4 自己理解のこと
  • 自己理解は、中学など早い時期から行うべきか
  • いつ自己理解を果たすべきか
  • 仕事探しの大きな力が自己理解
  • ジョハリの窓
5「個性」こそ、就活力の原点
  • お金を得るためだけの仕事でいいのか
  • 就職する力とは、いったい何だろう
  • 仕事探しのなかで疲れ果てて「人生の円」を見失わないで欲しい
6 就活力の原点 ①自分を磨く方法
  • 就活力は、あなたの素敵さ、あなたの魅力が原点
  • 個性を磨いて魅力的になるためには
  • 自分磨きは、他者と比較しない
  • 他者のまねをして追いつくことではない
  • 付け焼き刃のスキルやテクニックや美辞麗句は、人の心を打たない
7就活力の原点 ②就活力の正体
  • 心に力があれば、それが就職する力
  • まず、真摯に人生を生きる気構えが大事
  • 面接官も多様、会社も多様、だから粘って行こう
8 自分で動く
  • 自ら積極的に動く気構えが大切
  • 「すべては自分の責任だ」という覚悟を持つ
  • その動く力こそ「就活力」
自分らしさを伝える
1 身だしなみが必要、おしゃれは必要か
  • 「整える」のが身だしなみ、「装う」のがおしゃれだが
  • 面接において、成熟した自分を演出する
2 選考に際して、特に重視されるコミュニケーション能力
  • いま特に重視されるコミュニケーション能力
  • 会話が出来るだけでは、コミュニケーション能力が高いとは言わない
  • コミュニケーション能力を支える力
  • 借り物のマニュアル通りの言葉は、すぐにばれる
  • 応募動機や、性格の特徴、趣味などについては、自分の言葉で
「就活力」のテクニック
1 仕事探しのシミュレーション
  • ハローワークにおけるキャリアカウンセリングの流れ
  • 仕事が決まっていない人へのアドバイス
  • 仕事理解のステップ
  • 次の段階は、啓発的経験を体得すること
  • まず、深く考えずに応募してみる
  • 履歴書づくりにもメリハリをつけて、パソコンもかなり一般的になった
  • 書類選考に受かる確率は二割
  • 面接官の心を動かそう
  • 在職のまま次を探す気構えも、必要
2 面接で評価される受け答えというものは、あるのか
  • 就職活動に「正解はない」
  • 人生においても「これが絶対」という正解などはない
  • 面接官も会社も多様だから、ともかく自分を磨くこと
  • 面接で評価されるには、まずマニュアル本に頼り過ぎないこと
3 企業の求める人材像
  • 何か一つ他者より優れていれば、いい
  • 日本企業の本音は、協調性とチームワークを期待している
  • 今最も注目されているのは、やはりコミュニケーション力
  • ミドルやシニアは、すでに企業が求める力を持っている
4 応募書類で差別化を
  • 書類は「会ってみたい」と思わせるように書く
  • 写真も若々しい感じのよいものを選ぼう
  • 一番好きな自分を客観的に脚色して書く
  • 志望動機の欄が勝負どころ
  • 職務経歴書は、職歴と自己PRを書く
  • 添え状はあなたの気配り、礼状はここぞという会社へ
  • 〈応募書類各種実例〉
5 身だしなみのこと
  • 体は「心」を表わす。
  • 面接の印象をよくするもの、それは気概
  • たたずまいは自分の心で創る
  • 「スーツでネクタイ」は必要か
  • 〈面接のための身だしなみチェックリスト〉
6 年代別の「就活テクニック」というものはあるのか
  • ハローワークでは、四十四歳以下が「若年トライアル」に該当
  • 今やヤング・ミドル・シニア入り乱れて就職戦線を戦っている
  • 労務的な仕事に流れるミドル、そしてヤングも
  • このままでいいのか、非正規が三十六%という雇用の現実
  • 年代別の就活方策など、ないというが
  • ミドルに期待されるのは即戦力、さらに苦しいシニア
7 就活に成功する人、失敗する人
  • エネルギーのある人が成功する
  • 就活では「明元素」が有利
  • 個性にプラスアルファが出来れば成功する
8 面接で勝つために
  • 面接は「一点集中」で立ち向かおう
  • 敗れても悔いのない一言を伝えてこよう
  • 〈面接で評価される3つの視点の自己評価表〉
9 仕事探しの上で必須「心の整理十項目」
素敵な偶然を引き寄せる力こそ「就活力」
1 クランボルツの偶発性理論に学んで
  • 知り合った三人のプータロー
  • 計画された偶発性理論にあるとおり
  • 就職のための五つのスキル ~好奇心・持続性・柔軟性・楽観性・リスクテーキング
2 チャレンジャーたちが寄せてくれた文章
  • 『転機をチャンスに、偶然を必然に』
  • 『人生二度目の長期離職と再就職』
「就活力」と「仕事探し」について、考えてみよう
1 歳を重ねただけでは人は老いない
  • サミュエル・ウルマンの詩『青春』
  • 精神的な若さは、年齢を重ねるほど差がつく
  • 就活力とは世代を超えて普遍的なもの、少し世代別の味付けを
  • ヤングは少々出来ないことも「出来る」と言って入り込む
  • ミドルはマネジメント能力とコミュニケーション力を活かして
  • シニアは人生経験とバランス感覚を伝える
2 人生のこと仕事のこと
  • 人生は八割つらくて、いいなと思えることは二割などというが
  • いま、この瞬間を全力で豊かに生きたい
  • 人は自己否定や自己憐憫に陥りやすいが
  • 何のために仕事をするのか、お金のためだけか?
  • もっと燃える仕事をしたい、と思うとき
  • その人その人の価値観や個性を肯定する
  • 仕事探しの心構え、志を持とう
3 組織にひそむ宿命
  • 組織が人を苦しめる場合がある
  • 仕事に就くことは組織に入ること、人と接することだから
4 仕事探しの考え方の整理
  • 仕事探しも「どう生きるか」の中にある
  • 仕事はそれほど魅力的なものではないかもしれないが、志があれば
5 就職できなかったらどうするか
  • 不合格が続くと誰もが鬱状態に陥るが
  • 誰もが、やがて仕事をゲットしていく
  • 時間が少しずつ元気をくれる
  • 度胸が据われば就活戦線を乗り越えられる
6 ジョブズのスピーチから考える
  • どんな仕事であっても、あなたにとって意義のある仕事
  • もう一度挑戦者になる
  • 今日が最後の一日だとしても
7 就活力は「縁」でもある
  • まずその人に会うところに「縁」が生まれる
  • 動かなければ「縁」は近づいて来ない
  • 就活では粘ることが第一
8 脱「無難」のすすめ
  • むしろ「個性豊か」で勝負したい
  • 問題を起こさないことが最善という文化では、個性をかくすバランス力も必要
  • 企業の求める、個性を発揮する人材となるために
仕事を選んで、豊かに生きる
1 転職するときの仕事の選び方
  • キャリア選択時には三つの点で自分と向き合う
  • 仕事を通して、得意領域を増やしていく
  • 関心のある領域で職業を選ぶ場合
  • 入ってみてはじめて興味や関心がわくことも多い
  • その時々で優先順位や価値観が違うこともある
2 何を大切にしつつ仕事に取り組むか
3 資格は有用か? 就活用というより自分づくり
4 自己効力感を身につけよう
  • 自分を有能と信じる
5 あるチャレンジャーから頂いた文章
  • 『遅すぎるなんてことはない』
ハローワークをじょうずに利用しよう
1 ハローワークのじょうずな利用のしかた(その1)
  • ハローワークは昔と比べはるかに充実した
  • 大学へ常駐したり、面接会を開催したり
  • ハローワークインターネットサービスのこと
2 ハローワークのじょうずな利用のしかた(その2)
  • 全国の求人が見られる
  • 在職中でも紹介状を発行
  • たくさん応募して、落ちても気にしない
  • 会社は入ってみなければわからない
  • 雇用保険の手続き、訓練の申し込みは、住居地を管轄するハローワークで
  • 離職票の手続きは早めに
3 ハローワークの今日的意義と役割
  • 孤立してしまった人にとっての社会との接点がハローワーク
  • 窓口を占拠するクレーマーには毅然と対応を
4 ハローワークと民間の求人の違い
  • どちらで応募したほうが入りやすいか
  • 入社してから求人票の内容と異なる場合
  • ハローワークを経由することによる安心感
5 ハローワークを訪れる人間模様
  • いまハローワークには、ヤング・ミドル・シニアが入り乱れる
  • 民間に劣らず管理職も訪れる
6 個別支援プログラムのこと
  • 同じ担当者に一時間ゆっくり相談できる
  • それでも仕事は自分で、責任を持って探す
  • いまハローワークの人波は少し落ち着いたが
7 マザーズハローワークのことなど
  • お母様方のお助けハローワーク
  • 新卒応援、外国人、福祉専門……
法改正を控えて主婦の働き方を考える
これからの主婦の働き方は、いかにあるべきか
バリバリ派に転換するときの注意点
求人情報をどのように入手するか
1 仕事を探す方法
  • 仕事を失ったらまず何をするか? 仕事をどうやって見つけるか?
  • 仕事探しにくじけそうになったとき「心の整理十項目」
2 どこで仕事の情報を得るか
  • 近くのハローワークへふらっと出かけよう
  • 使い勝手のいい東京しごとセンター
  • 必ず面接を受けられるハローワークの面接会
  • 管理職専門職の経験のあるミドルの仕事探しには、東京人材銀行
  • シニアのためのアクティブシニア就業センター・シルバー人材センター
  • 民間の情報源と知人友人のコネ
  • 潜在求人の掘り起こしにチャレンジ
3 情報の入手ルート
  • インターネットを利用して、幅広い情報を得よう
  • 分野別の施設機関の利用
  • その他の求人情報
昨今の雇用の動向から考える
1 どんな仕事が決まりやすいか
  • 仕事の一覧を眺めて
  • 〈検索機の分類と具体的な仕事〉
  • 窓口でわかる、求人と競争の傾向
  • 事務の分野の現状
  • 必ず欲しいパソコンのスキル、出来ないと職種が限られる
  • ミドルやシニアにも開かれている建築・土木・電気工事
  • 窓口に来る人の半分は一般事務希望
  • 営業は最も求人が多い職種だが
  • 飲食系の店長やホールの接遇等も、求人が多い
2 就職するにはどのくらいの期間を要するか
  • まず、最低三ヶ月は覚悟して
  • 応募書類を出したら、すぐ忘れて、次の一手を考える
  • 「やがて合格する」と信じることが、就活の原点
  • 確率的に面接まで行けない人が多いから
3 訓練資格は有効か
  • いまハローワークの訓練事業が花盛り
  • どんなコースがあり、いつから申し込めるか
  • 訓練を終えると資格を取得できるが、就職には直結しない
  • 資格は「かすがい」のようなもの
4 昨今の賃金相場
  • 求人のほとんどが月収二十万前後という現実
  • 低賃金相場は十年たっても変わらなかった
  • 高度成長期のように賃金が上がる時は来るだろうか
5 福祉の仕事のこと
  • 介護関連の仕事は人手が足りない
  • ハローワークの介護職員研修講座
  • 福祉の仕事を志す人も多いが、離脱する人も多い
  • 就活力は仕事をおもしろくする力でもある
再就職先での振る舞い〜あとがきに代えて〜
1 再就職先では、過去の自分を封印すべきか
  • 過去のプライドは上手に潜めよ
  • 提案のTPOに気をつけよう
  • でも、過去に自分育てをしてきた「宝」を封印するのはもったいない
  • 言って気持ちのいい、言われて気持ちのいいコミュニケーションを
  • どうすれば反感を呼ばずに自己表現できるか
  • 孔子に学ぶ「求同存異」のこころ
2 再就職だからこそ、仕事を通して成熟する
  • 仕事を通して成熟するとは
  • 働くことは自分づくりのプロセスである
  • つまらない仕事はない、仕事をつまらなくする考え方があるだけ

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする