セール中 カテゴリ一覧 著者一覧
安楽死か、尊厳死か
0件
1,210円 605円(税込)
(  10月11日まで  )
獲得ポイント: 6pt
通常:
6pt

安楽死か、尊厳死か

発売日 : 2018年9月26日
想定ページ数 : 296ページ
ISBN : 9784799323649
全文検索 : 非対応
終末期の延命治療を望まない尊厳死を宣言する人が増えてきた一方で、終末期の苦しみを見かねた患者の家族の懇願を受けて安楽死に導いた医師が殺人罪で起訴される。あるいは自分の意識があるうちにと自死を選ぶ人もいる。
安楽死と尊厳死はどう違うのか? 尊厳死と自死はどう違うのか? 諸外国の状況は? 

かつて日本でも数少ないホスピスを併設した病院を友人の医師と共につくり、多くの患者さんの生死に向き合ってきた伝説の名外科医であり、後期高齢者となった今も、公立の診療所で地域医療に務める著者が、安楽死と尊厳死を巡るさまざまな課題、当事者の葛藤などを、自らの死生観も含め、臨床の場にいた者でなければ書けない多様な視点から語り尽くす。

目次

はじめに
第一章 限りある生
人間は、無期執行猶予の死刑囚
不老長寿は人類永遠の見果てぬ夢
第二章 死に至る病
死に至る病
死に至る病との壮絶な闘いを生きる勇敢な人たち
第三章 自殺を巡る考察
死に思いを馳せるのは人間の特権?
メフィストフェレスの声
ある女性と叔父の自殺
第四章 癌の告知は自殺の引き金か?
癌告知がタブーだった時代
告知から受容までの五段階
治療の順序を誤ると悲劇を招く
第五章 覚悟を秘めた自殺
おまけの人生は要らない(?)
ソクラテスの場合
伊丹十三の場合
三島由紀夫の場合
なぜ、もっと楽な死に方をしないのか?
第六章 許される自死はあるか?
レイプされた女性の自死
〝天刑病〟ならぬ〝天恵病〟のはずだったが
第七章 尊厳死と安楽死
尊厳死と安楽死、どう違うのか?
〝近藤理論〟は現代の〝姥捨論〟
昭和天皇は尊厳死できなかった?
第八章 ホスピスと尊厳死
ホスピスの功罪
第九章 積極的安楽死は殺人罪?
尊厳死の宣告書
殺人罪で起訴された医師
不起訴になった積極的安楽死
『私がしたことは殺人ですか?』
第十章 諸外国に見る安楽死
「スイスで安楽死したい」
尊厳死と安楽死の違い
第十一章 回復の望めない病と安楽死
その望みはかなえてやるべきか?
自死と紛らわしい〝尊厳死〟─アメリカの場合
四肢麻痺にはなったが……
認知症は安楽死の対象外?
認知症も安楽死の適応に入れているオランダの場合
第十二章 飽くなき生への希求
癌との死闘を経た人々
生への渇望
あとがき
参考文献

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする