カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入

大鐘稔彦の書籍一覧

1943年愛知県生まれ。1968年京都大学医学部卒。母校の関連病院を経て、1977年上京。民間病院の外科部長、院長を歴任。その間に「日本の医療を良くする会」を起会、関東で初のホスピス病棟を備えた病院の創設や、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術68件を含む約6千件の手術経験を経て、1999年に30年執ってきたメスを置き、南あわじ市の公的診療所に着任。地域医療に従事して今日に至る。
医学専門書のほか、2015年には、「ガンは放置してよい」と、外科手術・抗癌剤・癌検診を批判する『患者よ、がんと闘うな』『医者に殺されない47の心得』の近藤誠医師の極論を信じ込んだために、治癒や延命の見込みがあるにもかかわらず、ガン治療を諦めてしまう患者が増加していることを憂慮し、豊富な症例を基に反論する『そのガン、放置しますか?』(ディスカヴァー)を上梓。
一方、170万部のミリオンセラーとなり映画化もされた、アウトサイダーの外科医を主人公とした『孤高のメス(全13巻)』(幻冬舎文庫)の著者としてベストセラー作家としての顔も持つ。シリーズ新作は、2019年早々、WOWOW放映予定。
0件
安楽死か、尊厳死か
終末期の延命治療を望まない尊厳死を宣言する人が増えてきた一方で、終末期の苦しみを見かねた患者の家族の懇願を受けて安楽死に導いた医師が殺人罪で起訴される。あるいは自分の意識があるうちにと自死を選ぶ人もいる。
安楽死と尊厳死はどう違うのか? 尊厳死と自死はどう違うのか? 諸外国の状況は? 

かつて日本でも数少ないホスピスを併設した病院を友人の医師と共につくり、多くの患者さんの生死に向き合ってきた伝説の名外科医であり、後期高齢者となった今も、公立の診療所で地域医療に務める著者が、安楽死と尊厳死を巡るさまざまな課題、当事者の葛藤などを、自らの死生観も含め、臨床の場にいた者でなければ書けない多様な視点から語り尽くす。
1,210円(税込)
書籍一覧を見る 戻る