カテゴリ一覧 著者一覧
Excel VBAユーザーのためのOutlook VBA入門
0件
1,980円(税込)
獲得ポイント: 20pt
通常:
20pt

Excel VBAユーザーのためのOutlook VBA入門

発売日: 2021年10月1日
想定ページ数: 148ページ
ISBN: 9784295600350
ダウンロード: PDF EPUB
本書は、実用的なサンプルを題材として、Outlook VBA(Visual Basic for Applications)の基本と概要を身につけられる「Outlook VBA入門」です。
日々の業務においてメール処理は業務時間に占める割合が大きく、その効率化は非常に大きなポテンシャルを持っています。その自動化を可能にするのが、Outlook VBAです。しかし、その情報に関してはWebでも書籍でも十分に供給されておらず、Excel VBAと比較して入門のハードルが高いのが現状です。
Excel VBAをある程度身につけている人であれば、本書を使ってOutlook VBAによる以下のような便利ツールを作成できるようになります。
・所定の⽂書の書かれた返信メール作成
・ボタン⼀つで⽇報⾃動作成
・ボタン⼀つで受信メールデータと添付資料を⼀瞬で保存

【目次】
第1章 Outlook VBAを使ってみよう
第2章 Outlook VBA入門
第3章 各種サンプルコード
第4章 Excelでメール作成入門
第5章 イベントマクロ
第6章 Outlook VBAの応用例

目次

はじめに

第1章 Outlook VBAを使ってみよう

1.1 Outlook VBAの環境構築
1.2 サンプルコード
1.3 サンプルコード解説
1.4 リボンに登録する
1.5 Outlook VBAコードの保管場所
1.6 デジタル署名の設定
1.7 Outlook VBAのメリットについて

第2章 Outlook VBA入門

2.1 Outlook VBAのオブジェクト構造
2.2 Session オブジェクト
2.3 Explorers オブジェクト
2.4 ActiveExplorerメソッド
2.5 Inspectors オブジェクト
2.6 ActiveInspectorメソッド
2.7 CreateItemメソッド
2.8 第2章の終わりに

第3章 各種サンプルコード

3.1 アイテム作成系 サンプルコード
3.2 情報抽出系 サンプルコード
3.3 アイテムを表示・送信・保存・添付するメソッド
3.4 第3章の終わりに

第4章 Excelでメール作成入門

4.1 Excelでメールを作成する準備(セル準備)
4.2 Excelでメールを作成する準備(参照設定)
4.3 サンプルコード
4.4 Excel VBAでOutlookを操る方法
4.5 Excelでメールを作るメリット

第5章 イベントマクロ

5.1 イベントマクロを作ってみよう
5.2 イベントマクロの基本
5.3 アイテムレベルのイベントを調べる方法
5.4 イベントマクロの終わりに

第6章 Outlook VBAの応用例

6.1 メールと添付資料を一発保存
6.2 依頼のフォローをタスク登録&フォローメール下書き
6.3 日報作成
6.4 (参考)WScript.ShellとFileSystemObject

おわりに

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする