カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
一冊でマスター!Swift Concurrency入門
0件
1,760円(税込)
獲得ポイント: 18pt
通常:
18pt

一冊でマスター!Swift Concurrency入門

発売日 : 2022年7月29日
想定ページ数 : 128ページ
ISBN : 9784295601289
ダウンロード : PDF EPUB
全文検索 : 対応
Swift 5.5からSwiftは並行処理を言語機能としてサポートするようになりました。それがSwift Concurrencyです。本書はその機能を解説しています。 async/awaitにより、非同期処理をクロージャーよりも完結に記述できます。データ競合を防ぐ新しい型としてActorやデータ競合が発生しない型を表すSendableが登場しました。並行処理の実行単位であるTaskもあります。Swift ConcurrencyはWWDC 2021の目玉機能といっても過言ではありません。
Swift Concurrencyの概要が一冊で日本語で理解できるのが本書の特徴です。Swift Concurrencyには覚えなければいけない概念が数多くあります。
async、await、Actor、MainActor、Task, TaskGroup、AsyncSequence、Sendableなどなど。本書は一冊でSwift Concurrencyの概要をほぼ全て網羅しています。各章にそれぞれサンプルコードが付属しているので、どんな動作をするのかを試して理解を深められます。

【目次】
第1章 async/await
第2章 Actor/データ競合を守る新しい型
第3章 AsyncSequence
第4章 Task
第5章 Sendable
第6章 既存のプロジェクトにSwift Concurrencyを導入

目次

はじめに
本書の構成
対象読者
動作環境
サンプルコード
表記関係について
第1章 async/await
1.1 クロージャーのコールバックによる非同期処理の問題点
1.2 async/awaitで解決する
1.3 プログラムの待機可能性とは?
1.4 async/awaitの文法
1.5 順列実行と並列実行
1.6 クロージャー形式のメソッドを非同期関数にラップする
1.7 withCheckedContinuation
1.8 withCheckedThrowingContinuation
1.9 resumeメソッドは必ず1回実行する
1.10 まとめ
第2章 Actor/データ競合を守る新しい型
2.1 シリアルキューでデータ競合を解決
2.2 Actorでデータ競合を守る
2.3 Actorの文法
2.4 nonisolatedでActor隔離を解除する
2.5 再入可能性と競合状態
2.6 MainActor
2.7 まとめ
第3章 AsyncSequence
3.1 iOS 15のAPIを利用する
3.2 カスタム定義
3.3 AsyncStream/既存コードに適応
3.4 まとめ
第4章 Task
4.1 Structured Concurrency
4.2 タスクツリー
4.3 タスクグループ
4.4 エラーが発生しないタスクグループ
4.5 エラーが発生するタスクグループ
4.6 協調的なキャンセル
4.7 async letバインディング
4.8 Unstructured Concurrency
4.9 下位階層にStructured Concurrencyがある場合
4.10 各タスクの特徴比較
4.11 まとめ
第5章 Sendable
5.1 Sendableプロトコル
5.2 @Sendable属性
5.3 Swift 6への準備
5.4 @preconcurrency
5.5 Xcode 13.4の変更
5.6 まとめ
第6章 既存のプロジェクトにSwift Concurrencyを導入
6.1 XcodeバージョンとSwift Concurrencyの対応状況
6.2 既存アプリ:GitHubリポジトリー検索アプリ
6.3 Swift Concurrencyを導入
6.4 iOS 15にむけて
6.5 まとめ
あとがき
著者紹介/佐藤剛士 @hatakenokakashi
感想、フィードバック
謝辞
参考文献
英訳対応表

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする