カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入

谷本有香の書籍一覧

Forbes JAPAN副編集長 兼 チーフイベントプロデューサー
経済ジャーナリスト
証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事。これまでに、トニー・ブレア(元英首相)、ハワード・シュルツ(スターバックス元会長兼CEO)をはじめ3000人を超える世界のVIPにインタビューした実績あり。テレビ朝日「サンデースクランブル」、フジテレビ「ユアタイム」、TBS「ビビット」、Abema TV「AbemaPrime」「けやきヒルズサタデー」のコメンテーターはじめ多数のテレビ番組に出演。
2016年2月よりForbes JAPAN 副編集長 兼WEB編集長。同年4月より跡見学園女子大学兼任講師就任。また、ロイヤルハウジング株式会社上席執行役員も務める。
著書に『アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術』(ダイヤモンド社)、『世界トップリーダー1000人が実践する時間術』(KADOKAWA/中経出版)、『何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣』(SBクリエイティブ)がある。
0件
世界のトップリーダーに学ぶ 一流の「偏愛」力

元ソニー会長・出井伸之氏、IT評論家・尾原和啓氏、推薦!

「熱中するほど好きなこと」が世の中を動かす

3000人超のトップリーダーへの取材を通じて
著者が見つけた共通項――それは「偏愛・共感・信頼」だった!


これから10年もすると、多くの仕事がAIに取って代わられるといわれています。
それはすなわち、新しい働き方や仕事が求められるということです。

そんな「これからの時代」において、
新しい価値をつねに世の中に創造し続ける人とは、一体どんな人たちなのか――
3000人を超えるトップリーダーを取材するなかで、
そこに共通しているのは「偏愛力」でした。

具体的にいえば、新時代のリーダーは、
「熱中するほど好きなことで、他者貢献できるもの」
を軸に、組織やチームで仕事を展開しているのです。

本書は、トップリーダーに共通する「偏愛力」とは何か、そして、自分の強みや「好きなこと」を見つけてそれを武器にするには、具体的に何をしていけばいいかについて、ビジネスの最前線の知見を踏まえてまとめた一冊です。

皆さんがこれからどのように働けばいいかを知る本であると同時に、新時代型リーダーになる人のための本でもあります。

------------------------------------------------------
「AI時代に求められるのは、狭域特化の人である。本書にはそのヒントが詰まっている」
出井伸之氏(クオンタムリープ株式会社代表取締役 ファウンダー&CEO)

「最新理論を踏まえた、新時代に確かな一歩を刻むための"新しい教養の教科書"だ」
尾原和啓氏(2018年上半期Amazon電子書籍総合第1位『モチベーション革命』著者)
------------------------------------------------------
1,650円(税込)
書籍一覧を見る 戻る