セール中 カテゴリ一覧 著者一覧 予約購入
女性のための老後を生きぬく110の知恵
0件
1,430円(税込)
獲得ポイント: 14pt
通常:
14pt

女性のための老後を生きぬく110の知恵

発売日 : 2008年6月1日
ISBN : 9784904086803
全文検索 : 非対応
やがて女性がひとりになったときの生きがい、病気、介護、お金、そして死まで。老後を楽しく元気で生きぬく110の知恵を伝授する、著者渾身のエッセイ。
(※本書は2008/6/1に発売し、2022/2/10に電子化をいたしました)

目次

はじめに
第1章 こんにちは 「老後のシングルライフ」
やっぱり、やがては女ひとり
もう誰もアテにしない
老後は自作自演でエンジョイ
子育てが終わったらバラ色の人生
いくつになっても夢に挑戦する
人は歩みを止めたとき、老いがはじまる
老後は第二の少女時代
大学に行こう
60才からの起業
旅は教養を高めるモト
老後にぜひ読みたい名著
外国で暮らすのもいいなあ
老後こそ女の品格を磨くチャンス
「組粗にして野だが卑ではない」
志のある若者を支える
オシャレをして外に出よう
内面だけでなく見た目も美しく
老嬢の品位を高める12ヶ条
70%人生幸福論
70%で満足か不満か
マイナス面ばかり見てはいけない
第2章 老後を支える 「私的ネットワーク」
老後の初仕事は新しいネットワークづくり
ひとり暮らしの命綱は「情報」
情報は酸素や食料と同じ
新聞はたんねんに読もう
井戸端会議も役に立つ
つき合い上手な女性、つき合い下手な男性
老後の仲間づくり「友人ネット」
世界で唯一、あなた専用メディア
新しいネットワークの作り方
活動すれば友人ネットはついてくる
新しい人生を開いた「虹の仲間」
上手な「ヒマ」の使い方
お悩み解決アウトソーシング
目標は友だち100人
役立つ所、それが役所
「相談者リスト」をお忘れなく
若いうちから「そのとき」に備える
まわりには老後の相談者候補がいっぱい
男性を老後の味方に
友だちにしたい男性の条件17ヶ条
第3章 健康が最大の財産 「心と体のケア」
その不安、思い込みじゃない?
安心していい「年のせい」
病気は生涯の友
医師を味方にする方法
医師のよき協力者になろう
紹介状はよい診療へのパスポート
手術をすすめられた時の対処法
絶対に転ばない!
寝たきりにならないための日課
ダイエットは明日からでも、寝たきり予防は今日から
忘れ物にご注意-その1
忘れ物にご注意-その2
記憶力の低下は知恵でカバー
元気のモトは「色気」と「食い気」
第4章 賢く使えば 「お金は強い味方」
上を見ても下を見てもキリがない
収支計画は慎重に行動は前向きに
必要なお金は惜しむべからず
老後の資金はどれだけ必要か
余命年数はマネープランの基本
年金だけで生活できるの?
別れる夫に遠慮は無用
シルバー人材センターでお小遣いかせぎ
自宅は最後の切り札
リバースモゲージ制度の活用
冠婚葬祭の出費の目安
知らなきゃソンする年金制度
老後の資金は死守しよう
後見人制度で安心の財産管理
第5章 住まいと暮らしの 「安心・安全・快適」
不用品を処分してシンプルライフを
ひとり暮らしは食生活が危ない
日常の中にも危険がいっぱい
ダマされても泣き寝入りしない
住み慣れた場所という幻想
老後の幸せは新天地にもある
高齢者施設は老後の楽園
施設暮らしのお値段は?
施設探しは慎重に
ひとり暮らしに役立つ24のチェック
第6章 介護すること・されること
姥捨て街?が出現しないために
一人ひとりが高齢社会をよくする意識を
介護保険のほんとの理念
介護は明かりの見えないトンネルか
介護する側、される側の思いは正反対
必要な「上手に介護されるノウハウ」
お力ネさえあればいい?
見返りを与えることは、いいこと
介護してもらって当たり前と思う不幸
プロが見た「いい利用者、悪い利用者」
施設で見るさまざまな人生の縮図
日常生活でも実践!介護される心得10ヶ条
第7章 家族との 「つき合いと別れ」>
「つかず離れずが」がベストの親子関係
親子依存がすぎると危ない
子離れのススメ
子どもに弱い母親
残しておくなら思い出を
兄弟姉妹と再び
「孫こそ生きがい」も悪くない
第8章 死にじたく
死は誰にも平等にやって来る
生きてるうちに葬儀プランニング
葬式用の写真はいまのうちに手配
なかなか死なせてもらえない
尊厳死を選ぶという死に方
素敵な老嬢の最期
相続は「争続」であってはならない
遺言は人生最後のメッセージ
自分史を残すのもいい
最後にやっておくこと
最後の一日をどう過ごそうか
死ぬまでにやっておきたい11ヶ条
あとがき

ユーザーレビュー

レビューがありません
書籍をシェアする